初体験は一つ上の先輩

2020/03/26

自分の初体験は19歳の時に入社した会社の一年上の先輩でした。
先輩は会社ではボケキャラ的存在でしたが仕事に対してはまじめで自分にもよく指導してくれました。
僕が童貞を捨てるきっかけとなったのは入社2ヵ月後先輩に誘われ、仕事の後二人で食事にいったときです。
先輩はお酒は飲まなかったんですが自分には「ビール飲みなよ!!」って言い、何も考えずにビールを飲んでいました。
時間が経ち、僕が「帰りましょう」と言ったとき先輩が僕の横に座ってきて、「もうすこしいいじゃん」って言ってきて帰らそうとせず、その言葉の20秒後には先輩の手は僕のスーツのズボンのポケットの中に入っていて、あそこを探してきました。
僕が「先輩何するんですか?」って聞いても先輩は「いいじゃないの!!!」ってやめようとしません。
酔った僕はもうかなう状況ではありませんでした。
そんな事を続けているうちに僕のチ○ポはすぐに大きくなり、先輩が「見つけた!!!」っていってしごき始めました。
僕は先輩の下心が見え、僕も我慢できなくなったので「先輩、ホテル行きましょう」っていい、店を後にしホテルに行きました。
ホテルではお互い上はYシャツのままで下は下着姿で始まりました。
自分はグリーンのブリーフで、先輩は青のパンティーです。
先輩は「○○くん、そのパンツエッチねぇー」と何回もいいながらパンツのしみから始まり、パンツをはいたまま手でどかしながら亀○から何から何まで舐めてくれました。
もちろん僕も負けずにパンツをはかせたまま何から何まで舐めました。
やがて感触がお互い鈍ってきたのでパンツを脱がし、自分はホテルにあった黒のコンドームを付け、先輩のぬれたあそこへ挿入しました。
「ヌルッ・・」と入るような感じでどうやら先輩は処女じゃなかったようです。
自分は頭真っ白で、本能の赴くまましこりました。
オナニーのときと違ってすぐにいく事が出来なかったのですがこれがまたお互いの興奮を高め三分ぐらいたってからだんだんオ○ガ○ムに近づき、お互いの目を見つめあい、先輩は「アン、アン...」大きな声を出しながら自分は「アッ、イクッ...」と言って最高の感触を味わいました。
先輩とは今も時々ホテルに行ってやってます。

アナタも秘密の体験相手を探そう!
厳選おすすめ出会い4サイト

ハッピーメール

PCMAX

ミントC Jメール

メルパラ

  • 小泉進次郎「環境問題はセクシー」

  • 会社のPCでアダルト動画を楽しんだ結果ww

  • B87W64H88のグラドル「40代50代の年上が好きです」

  • 女子がオナラした時、一番気持ち悪いフォローしたやつが優勝ww ※気持ち悪い注意

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング