「結婚」一覧 (2416件)

倉庫で妻が尻で奉仕させられた

2019/10/18

我が家は2階建てで、1階は倉庫兼作業所になっており、朝8時から夜の10時頃まで従業員3名と私達夫婦の5名で玩具の検品業を営んでおります。従業員といっても、正規の雇用契約を結んでいるのは1名だけで、残りの2名は臨時雇いです。私も既に45歳、7つ年下の妻と結婚直後に会社を辞めて独立して、かれこれ10年が経っています。妻は、外でパートもしており朝出と遅出を交互にやってくれています。とある平日の夜、残業がなかなか終わらない日がありました。月末の支払の業務も残っており、あとは妻に任せて2階の自宅兼事務所にあがりました。しばらくして、聞きたいことがあったので妻の携帯に電話しましたが、出てくれません。…

続きを読む前にランキングをクリック

未明に愛された過ぎし思い

2019/10/17

過ぎ去ったあの夜明が懐かしく思い出される。結婚してまだ二ヶ月しか経っていなかった八月四日未明、出張から二週間ぶりに主人が帰る日がやってきた。この日が待ち遠しく、前夜から嬉しくて心が弾んでうとうとと眠りは浅かった。主人は、前日の午後四時、東京駅発、特急寝台列車「西海」に乗って、その朝四時三十九分、駅に着いて、そのままタクシーをとばせ、夜が明けようとする四時五十分、玄関の扉を叩いた。その音を聞いた私は浴衣姿のまま跳び起きて玄関で迎えた。私は主人が帰った嬉しさに素肌も見えるほどに着衣は乱れ乱れていた。私が主人の帰りを待ちわびていたその様子は、すべて私の態度に表れていたらしい。主人は私に…

続きを読む前にランキングをクリック

美人の元社長秘書との一夜〜〜〜。

2019/10/17

歌舞伎町の居酒屋で話が弾んで、かなり酔いが廻った麻美でした。フラフラ千鳥足歩きになってしまった麻美なんです。僕の腕に纏わりついて身を寄せてる麻美を腰を抱えてラブホテルに強引に入ったんです。部屋のドアを開けてベットに倒れ込む麻美。僕は朦朧状態の麻美のコートを脱がせ、洋装姿でスカートの裾が乱れて、黒のストッキングからの美脚に見とれていたんです。麻美は枕にしがみついて寝込んでしまったんです。僕は麻美の洋装のジッパーを脱がしブラジャーとパンスト姿の半裸にしたんです。佐合麻美。実は僕の勤めてる会社の3年前まで社長秘書を勤めてた麻美なんです。先日偶然四谷で出会って、意気投合しての2回目の出…

続きを読む前にランキングをクリック

暇に持て余してプールに通っている。

2019/10/17

なぜってこともないけど高校時代水泳部に入っていたから少しは泳げる。それに32歳にもなって独身で、正社員でなくパート勤めをしている。そこで信じられないであいがあったのだ。いつものように一泳ぎして、プールサイトに腰かけていると、そこへ、美人ではないがナイスボデイーの女性がやって来て声をかけてきた「なんどか泳いでいるのを見させていただいてたんですが、泳ぎを教えてもらいませんか?と、真正面に立つ彼女は身長は1m60cm位だろうか?なによりも胸が大きく、白の薄地のワンピース水着のせいか、両方の乳首がぽつんと浮き出している。それにかなりのハイレグであり、ちらりと見ると股の脇は明らかに剃り後がわかる。…

続きを読む前にランキングをクリック

隣の家に7歳年下の幼馴染ユキ

2019/10/16

家の父と母は両方働いていて、残業が多く帰ってくるのが夜の10時位で僕はいつも家で留守番をしていました。隣の家に7歳年下の幼馴染、ユキ(仮名)がいました。ユキのお母さんは優しくて僕が寂しかろうとユキを家に連れてきて、遊ばせてくれました。ユキは芸能人でいうとおとなしいガッキーという感じでとても可愛く色白な美人な子でした。僕はちょうど思春期真っ盛りだったので、そんな可愛い子相手に欲求を抑えられるかとても心配でした。主な遊びはユキがもってきたシルバニアファミリーでおままごとをすることです。14歳だった僕でも凄くハマりました。ユキも「おにいちゃん。だんなさんやって…」とか可愛いこと言ってく…

続きを読む前にランキングをクリック

家に帰ったら女友達とお父さんがセックスしてて、一部始終を見てしまった

2019/10/16

高2の時の話なんですが、クラスで仲のいい友達の中にMちゃんっていて、私の家に遊びに来ることがあったんですよ。母はパートに出かけていて、リビングで父が新聞を読んでた父が私の部屋に連れて行こうとするMちゃんに「いらっしゃい」と声を掛けたのが二人の初めての出会い。部屋に入るなりMちゃんが「Hのお父さんって若ーい!カッコいいしうちのオヤジと段違いだよ、ファンになっちゃおうかなーっ」と言い出して・・・確かにうちの親は20そこそこで結婚してすぐ私が生まれたからまだ40前だし、父はほとんど毎週草野球やってて体も引き締まっててオヤジ臭くないんだけど、普段のオヤジっぷりを見てる私としては「あんなのファンに…

続きを読む前にランキングをクリック

えっ! うそ、 裸にされる・・

2019/10/15

家に一日中居るのがイヤでした。子供から手が離れ、少しは自分の時間を持てるようになってそう感じるようになりました。口実は何でもよかった。ただ外に出たかった。一応もっともらしい理由をつけて主人に外で働きたいと言ってみました。意外にも主人は、「まあ、いいだろう・・あまり遅くなる仕事はダメだぞ。」主人の許可を得て、友達の紹介でファミレスのパートを始めました。時間は10時から3時までと言う条件でした。高校を出て、2年間だけ働いた事はありますが、42才の今まで外で働いた経験がありません。言い換えれば、人との接触も主人以外はあまり無かったと言う事でした。そんな私です。そのお店で私は一人の男…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2

2019/10/15

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、ただ、この状況ですら、興…

続きを読む前にランキングをクリック

家庭教師と怪しい嫁

2019/10/15

嫁の優子は35歳で、俺は37歳、結婚して12年経つ。明るい性格で、可愛らしい顔の優子は俺の自慢の嫁だ。150cmと小柄だが、カップで言うとFもある胸は、どんな服を着ていても主張しすぎていて、他の男が見ているんじゃないかと気になって仕方ない。ルックスは、芸能人で言うと安めぐみを少し痩せさせた感じだ。小学生の息子が受験をすることになったので、家庭教師をつけることになった。最初は女性の家庭教師にしようと思っていたのだが、専業主婦で俺以外との男性との接点が全くない嫁に、多少は刺激になるかと思って男子大学生にしようと思った。嫁は、普段家にいるときはメイクもほとんどせずに、ジャージみたいな部屋着を着…

続きを読む前にランキングをクリック

大学生の甥と妻

2019/10/15

嫁の明子とは結婚して20年経つ。俺が25歳で嫁が22歳の時に、いわゆるできちゃった婚で一緒になった。今時は、授かり婚などと呼ぶらしいが、その言い方は違和感があって嫌いだ。出会いは、俺が彼女のバイト先のカフェによく行っていたことがきっかけで、アナウンサーの田中みな実によく似た嫁に、俺が一目惚れして色々頑張った結果、何とか結婚まで行けた。子供が出来たことでそれまで以上に頑張って、弁理士の試験にも合格し、就職、独立と順調に来た。嫁は、少し天然なところがあるが、いつもニコニコとしていて、息子に対しても愛情を持って接していた。そんな感じで、何一つ文句のない生活が、長く続いていた。しかし、息…

続きを読む前にランキングをクリック

年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた

2019/10/15

嫁の美月とは、結婚して2年目で、まだ新婚気分が抜けない毎日です。僕は28歳で、嫁はまだ23歳になったばかり。僕がよく行くカフェの店員だった美月に、初見で一目惚れして、色々と頑張って今に至ります。美月は、芸能人の山本美月を少し縮めて、若干肉付きを良くした感じです。そんな感じで、抜群すぎるルックスだったので、お客さんに誘われたり、メルアドを渡されたりは日常茶飯事だったそうです。ただ、結構人見知りな彼女は、誰の誘いにも乗ったことがなかったそうです。その話を美月から聞いたときに、なんで僕の誘いには乗ったのか聞くと、『私も一目惚れだったからだよ~』と、嬉しそうに言ってくれました。こんな事を…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた2

2019/10/14

嫁の紀子と結婚して9年、出来ちゃった婚で当初は苦労もあったけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。紀子は30歳にもかかわらず、いまだに未成年に間違われることもある。童顔で黒髪だからだと思うが、それだけでなく肌の張りも若々しい。そして、ロリぽい感じからは違和感を感じるくらい胸が大きく、ギャップがエロい。子供も可愛くて、嫁も可愛い上にエロい。最高の生活だったのに、嫁の浮気に気がついてしまった、、、確かに嫁とは、妊娠出産を機にセックスが激減した。仲が悪いわけではないが、男女という感じではなく、父親、母親という感じに…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた

2019/10/14

嫁の紀子とは、結婚してもすぐ9年になる。大学の時に出来ちゃった婚して、けっこう苦労したけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。年が離れちゃうけど、もう一人子供を作ろうと、嫁と話をしているくらいだ。嫁の紀子は、私より1歳年下で30歳になったばかりなので、まだまだ若々しい。背は160cmにちょっと届かないくらいの小柄で、顔も童顔なので、年に1度2度は未成年に間違われたりする。ただ、全体的にロリっぽい彼女だが、胸だけはやたらと大きい。太っているわけでもないのに、とにかく胸だけが大きいので、変に目立つ。そのくせ…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁に露出プレイさせたら、大学生にナンパされた

2019/10/14

嫁のミクとは結婚して10年経つ。私は弁護士事務所を経営していて、私自身も弁護士だ。今年40歳になったが、この歳にしてはうまく行っている方だと思う。嫁のミクは今年30歳で、当時まだ女子大生の彼女と強引に結婚した。その頃のミクは真面目そうで、清楚な雰囲気の女の子で、実際に中身も真面目だった。ストーカーがらみの被害を受けていた彼女が、当時私が勤めていた弁護士事務所に相談に来たことがきっかけで、交際が始まった。一見地味な見た目の彼女だが、一皮剥けば豊満なバストのエロい体で、セックスも恥ずかしがりながらも積極的という、典型的なむっつりスケベ型の女の子だった。そして、交際からすぐに結婚になり、彼…

続きを読む前にランキングをクリック

男勝りの姉さん女房と、秘密をかけて麻雀した

2019/10/14

嫁と結婚して10年ほど経ち、子供も小学生になった。一つ年上の嫁は、サバサバした性格と男勝りな性格もあって、米倉涼子っぽい感じだ。もっとも、あれほどの美人ではないのだけど、俺には過ぎた嫁だと思っている。体育系の大学で陸上部だった嫁は、今でも細見に見える体の割に筋肉もあり、けっこう良いスタイルだ。胸は大学の現役時代は小さめだったが、競技を止めて多少太ったのと、子供を母乳で育てたこともあって、けっこう巨乳になった。ウエストがくびれてての巨乳なので、かなりセクシーだと思う。そして、体育系の大学の陸上部だったので、モロに肉食系だ。肉食系と言うよりは、肉食と言い切っても良いくらいな感じだ。…

続きを読む前にランキングをクリック

自宅で嫁を、好きなように一日部下に抱かせた。

2019/10/14

嫁とは結婚してもう20年になる。私は来年50歳になり、嫁は今38歳だ。いわゆる、できちゃった婚で、当初は親御さんなんかの風当たりも強かったが、二人目もすぐに授かり、自営の私の仕事も軌道に乗ったこともあって、ソレもすぐになくなった。色々とあったが、楽しくて暖かい家庭を作れたつもりだ。一人目の子供が大学に行くことになり、一人暮らしを始め、あっと言う間に二人目も留学でイギリスに行ってしまった。四人でワイワイと楽しい毎日だったのが、急に寂しくなった。早くに子供を作ったこともあり、嫁はまだ女盛りの38歳で、夫の私の目から見てもまだまだ綺麗で、色気があると思う。あそこまでの美人ではないが、雰…

続きを読む前にランキングをクリック

義理妹

2019/10/14

嫁さんが2人目の出産で入院中義理の妹が我が家の家事などを手伝う為家に来てくれた。義理の妹の職場は嫁さんの実家よりもうちのアパートの方が近いので、泊り込みで。義理の妹は、嫁さんとは違いデカパイ。しかもスタイル抜群ときていて、洗濯物で干してあるブラとパンティを見てるだけで俺は興奮して勃起していた。嫁さんは出産後実家に上の娘と里帰りして、義理の妹も来なくなった。俺は久しぶりの独身気分を楽しんでいた。その日も仕事が終わり一人で一やっていたら、突然インターホンが。義理妹だった。まだうちのアパートに着替えとか置きっぱなしだったので取りに来たとのこと。すぐ帰るのだろうと思っていたが、俺が一…

続きを読む前にランキングをクリック

姉と思う存分セックス三昧

2019/10/13

嫁が妊娠中、姉に世話になった。それがきっかけで、今もたまにやらせてもらってる。誰か前の方で書いてたけど、普通は姉には欲情しない。でも、向こうから「相手してあげる」って言われて股を開かれたら、勃起しない男はいないと思う。やってる間は申しわけなく思う。マジに便所みたいに使ってるだけだから。姉の知り合いで、妊娠中にダンナが浮気をしたのがきっかけで離婚したり、ダンナがガマンし切れず隠れて風俗を使って病気をうつされた、なんて話をよく聞くそうだ。一方で、俺の嫁はよく実家に泊まり、妊娠するとほとんど実家に居るようになってた。姉もそのことは知っていた。姉は両方の事情(男=ガマンできない、女=…

続きを読む前にランキングをクリック

夏休みも終わりに近づいた、結構暑い日でした。

2019/10/13

私の高校では、3年生は10日ほど早く授業が始まります。先週から夏の受験対策特別講座、今週からは正規授業が始まっているのです。今まででしたら、「生徒のために・・・」「俺が頑張らなくっちゃ・・・」と見得を張って走り回っていたことでしょう。今は「役立ってはいるだろうが、1日や二日居ないからといって生徒が困るわけではない」と思っています。生徒の為に頑張っている振りをして、実はいい先生と呼ばれたかったようです。自分はそんなにいい人間では無いということを、この2日で実感させられたのでした。「そろそろでかけようか」ケンジさんの声で席を立ちました。「俺達は大学に用があるから」という2人の男と別れ、…

続きを読む前にランキングをクリック

花火に夢中で妻の異変に気付かなかった私

2019/10/11

夏も近づき、店先には花火をよく見かける。何か夏って感じがして、私はとてもワクワクする。毎年、妻と大量の花火を購入し、プチ花火大会と称し楽しんでいた。最近、近くのホームセンターで大量の花火を購入し、今年はどんな感じで打ち上げるか自分なりに考え、家近くの河川敷に妻と向かった。妻にはちょっと離れた所にある土管に座って待っててもらった。その間に私は、打ち上げ準備を始めワクワクしながら打ち上げる順番に花火を並べた。空はもうすっかり暗くなり、恒例行事に気づいた子供達(小学生から中学生)が数人集まって来ていた。”よ~し、始めるか”そう思い、一発目の花火に火を放った。”ヒュ~ン・・・・バ~ン”…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング