「精液」一覧 (1951件)

同級生元カノ人妻の友人とW不倫

2019/10/19

会社に突然女性から電話がかかってきた。「はいっ 〇〇ですが・・・」「充子の友人の美紀です 私の携帯番号・・・・・・・・・ちょっとお話できませんか」「いいですよ では」と電話を切り場所を変え携帯で美紀に連絡した。「〇〇ですが・・・」「あっはいっ 美紀です。すいません会社に電話してしまって」「突然どうしたんですか」「充子からあなたとのこと聞きまして 木村君とのこと聞いてますか」「ええっ 木村とのことを聞き驚きました 大変だったみたいですね」「踏ん切りがつかなくて 一度お話しできませんか」隣町の駅前で艶っぽく化粧して目立つ服装の美紀を車に乗せファミレスで食事しながら話し始めた。「…

続きを読む前にランキングをクリック

おしっこ・・・・ かけてください・・・

2019/10/18

会ったり調教希望の女性にはそれぞれ変わった性癖や人に言えないことがあることが多い。調教されたいという時点で人には言えない性癖なのかもしれないが…。少し前に会った女性の話だがその女性はかなりドMの部類に入る女性でノーマルなプレイでは満足しない可愛い女性だった。見られたい願望が強かったり、辱しめられることで興奮し、プレイ内容も回を重ねるごとに過激になっていった。そのような女性は今までも多かったのでこの女性も例に漏れずあまり不思議な感じはしなかった。ところがある日…「あの…脚を舐めさせてください…」こちらから脚を舐めさせたり、全身をキレイにしろということは命令してなかったので「舐めたいのか…

続きを読む前にランキングをクリック

妻の体を部下達に

2019/10/17

課の今期の目標数値の目処が立ち、打上をする事にしました。辛い日々を乗り越えた部下達へのサービスをしたいと私は考え、妻に昨夜相談しました。二次会に独身社員を何人か家に連れてきたいけどいいかと妻に話しましたが、妻は了解してくれました。もう一つ、言いにくかったのですが、酔って寝たふりをして部下達に体を触らせて貰えないかと妻に頼みました。打上の後、何人かの独身社員はキャバクラに行ったりヘルスに行ったりして日頃の憂さを晴すのが普通ですが、賞与前で資金不足な事を妻に伝え、最初は嫌がっていた妻も何とか了解してくれました。8歳年下の妻は35歳ですが、結構美人で、綺麗な体をしています。私は妻の体を部…

続きを読む前にランキングをクリック

レンタルショップでの出来事

2019/10/17

暇を持て余していた俺は、ビデオショップに行った。洋画物を1一本と後はアダルトビデオを漁っていると、顔見知りの女性らしき人が入って来た。それとなく覗っているとこちらのアダルトコーナーにやってきた。俺は隅の方に移動してわからないように様子を見ていた。やはり同じマンションに住む俺の子供と同級生の母親であった。その女性は普段きちんとした身なりで、旦那もどこかの金融機関に勤めていると聞いていた。しばらく見ているとアダルトビデオを2本ラックから取り出し、その後、他のコーナーで1本取って、レジで金を払っている。俺はすぐにその後に分らないように並び支払いを済ませて、外に出たその女性(山田さん)に…

続きを読む前にランキングをクリック

暇に持て余してプールに通っている。

2019/10/17

なぜってこともないけど高校時代水泳部に入っていたから少しは泳げる。それに32歳にもなって独身で、正社員でなくパート勤めをしている。そこで信じられないであいがあったのだ。いつものように一泳ぎして、プールサイトに腰かけていると、そこへ、美人ではないがナイスボデイーの女性がやって来て声をかけてきた「なんどか泳いでいるのを見させていただいてたんですが、泳ぎを教えてもらいませんか?と、真正面に立つ彼女は身長は1m60cm位だろうか?なによりも胸が大きく、白の薄地のワンピース水着のせいか、両方の乳首がぽつんと浮き出している。それにかなりのハイレグであり、ちらりと見ると股の脇は明らかに剃り後がわかる。…

続きを読む前にランキングをクリック

自然な成り行きで妹と…

2019/10/16

家は昔温泉民宿を営んでいて、祖父が亡くなってからは数ある部屋をそのままアパートとして改築し、アパート経営を始めたのが、俺が小学校3年の頃の話…温泉民宿とうたっていた通り、民宿を辞めた後も温泉は湧き出ているので、浴室は民宿当時のまま残して24時間何時でも入れる様にしていました。普通の家の風呂と違い広い浴室は一人で入るのが勿体無い程で、当時から2歳下の妹と一緒に入っていました。それが当たり前の様に年を重ねても一緒に入る事に抵抗なく、どちらかが先に入っていても後から普通に入るのは当たり前だったし、お互い意識する事無く入浴していました。それが、俺が20歳の時、高卒で地元の自動車製造関連の工場で働…

続きを読む前にランキングをクリック

水着でエッチ

2019/10/15

家から歩いて2分くらいの場所にプールがあるんだ。市営プールなんだけど辺りに民家は少なく、センターの管理人も夜8:00頃には帰っちゃう。毎年7月に入るとプールの大掃除があるんだけど、プールに僕の家が近いということもあって毎年参加している。いつも掃除にくるのは年配の方ばかりだったけど去年は違った。その日は暑かった。サンダルにハーフパンツ、Tシャツ、首にタオルをかけて出かけたんだ。そしてその女の子に会ったんだ。僕が着いた時には7レーンある25mプールの水はほとんどなかった。中では12~13人ほどの人が棒ずりを持って壁面や床を磨いていた。僕も用意されていた棒ずりを持って中に入り、誰と話すでもなく…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた3

2019/10/15

嫁の紀子が、マンションのお隣の高校生の男の子を部屋に連れ込んで、浮気をしているのを知ってしまった。どうして良いのかわからないまま、白黒つけるためにその様子を隠しカメラで撮影してみた。そこに映っていたものは、絶望的なものだった。私よりも遥かに大きなペニスを持つユウキ君に、嫁は今まで知らなかった快感を教えられていた。そして、積極的にユウキ君とのセックスを楽しみ、好きだという感情まで持ちつつある嫁、、、私は、離婚は絶対に避けたいと思っているため、何とかユウキ君を止めることを考えていた。そのために、自宅に結局4つも隠しカメラをセットしてしまった、、、証拠の動画は着々とたまっていき、見るたび…

続きを読む前にランキングをクリック

妻の加奈が、フミ君の赤ちゃんを出産した

2019/10/14

嫁の加奈が、加奈のバイト先のイケメン大学生フミ君に寝取られた。私の出張中に行われた事で、言ってみれば私に落ち度はないとも言える。だが、私にはわかっていた。こうなってしまったのは、私の鈍感さ、女心を理解出来ていない不器用さが原因だ。ただ、浮気をされても離婚もせず一緒に暮らしているが、加奈のお腹の中にはフミ君の赤ちゃんがいる、、、そして、フミ君までもが同居している状態だ。この異常な状況は、私が望んでもたらされた。嫁の浮気の告白を聞き、嫉妬と怒りも確かに沸いたのだが、興奮する自分に気がついて愕然とした。だが、その戸惑いはすぐに加奈に看過され、彼女は一瞬で私の性癖を理解した。私の寝取ら…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁に露出プレイさせたら、大学生にナンパされた

2019/10/14

嫁のミクとは結婚して10年経つ。私は弁護士事務所を経営していて、私自身も弁護士だ。今年40歳になったが、この歳にしてはうまく行っている方だと思う。嫁のミクは今年30歳で、当時まだ女子大生の彼女と強引に結婚した。その頃のミクは真面目そうで、清楚な雰囲気の女の子で、実際に中身も真面目だった。ストーカーがらみの被害を受けていた彼女が、当時私が勤めていた弁護士事務所に相談に来たことがきっかけで、交際が始まった。一見地味な見た目の彼女だが、一皮剥けば豊満なバストのエロい体で、セックスも恥ずかしがりながらも積極的という、典型的なむっつりスケベ型の女の子だった。そして、交際からすぐに結婚になり、彼…

続きを読む前にランキングをクリック

小学生の姪のタイツに萌えてしまった

2019/10/14

嫁に行った姉貴は時々娘を連れて家に来て泊まっていくことが多い、姉貴の旦那は出張が多いらしくその時によく家に帰って来る、要は娘を母親に預けて自分は羽を伸ばしたいということなんだろう。任された方の母親もいい加減で「買い物に行かなきゃ」とか理由を付けて俺に面倒をみさせる、俺からすれば姪にあたるしまだ小学4年生で胸も出てないガキなので萌えたことなどないのだが、この前は不覚にも姪が穿いていた真っ白のタイツの汚れた足裏に萌えて、夜には姪の脱いだタイツを使ってオナニーまでしてしまった。母親が出かけた後「面倒臭いな」とは思いながらも、姪を放っては置けないので俺の部屋でゲームをさせることにした、ゲームのやり…

続きを読む前にランキングをクリック

男勝りの姉さん女房と、秘密をかけて麻雀した

2019/10/14

嫁と結婚して10年ほど経ち、子供も小学生になった。一つ年上の嫁は、サバサバした性格と男勝りな性格もあって、米倉涼子っぽい感じだ。もっとも、あれほどの美人ではないのだけど、俺には過ぎた嫁だと思っている。体育系の大学で陸上部だった嫁は、今でも細見に見える体の割に筋肉もあり、けっこう良いスタイルだ。胸は大学の現役時代は小さめだったが、競技を止めて多少太ったのと、子供を母乳で育てたこともあって、けっこう巨乳になった。ウエストがくびれてての巨乳なので、かなりセクシーだと思う。そして、体育系の大学の陸上部だったので、モロに肉食系だ。肉食系と言うよりは、肉食と言い切っても良いくらいな感じだ。…

続きを読む前にランキングをクリック

自宅で嫁を、好きなように一日部下に抱かせた。

2019/10/14

嫁とは結婚してもう20年になる。私は来年50歳になり、嫁は今38歳だ。いわゆる、できちゃった婚で、当初は親御さんなんかの風当たりも強かったが、二人目もすぐに授かり、自営の私の仕事も軌道に乗ったこともあって、ソレもすぐになくなった。色々とあったが、楽しくて暖かい家庭を作れたつもりだ。一人目の子供が大学に行くことになり、一人暮らしを始め、あっと言う間に二人目も留学でイギリスに行ってしまった。四人でワイワイと楽しい毎日だったのが、急に寂しくなった。早くに子供を作ったこともあり、嫁はまだ女盛りの38歳で、夫の私の目から見てもまだまだ綺麗で、色気があると思う。あそこまでの美人ではないが、雰…

続きを読む前にランキングをクリック

姉と思う存分セックス三昧

2019/10/13

嫁が妊娠中、姉に世話になった。それがきっかけで、今もたまにやらせてもらってる。誰か前の方で書いてたけど、普通は姉には欲情しない。でも、向こうから「相手してあげる」って言われて股を開かれたら、勃起しない男はいないと思う。やってる間は申しわけなく思う。マジに便所みたいに使ってるだけだから。姉の知り合いで、妊娠中にダンナが浮気をしたのがきっかけで離婚したり、ダンナがガマンし切れず隠れて風俗を使って病気をうつされた、なんて話をよく聞くそうだ。一方で、俺の嫁はよく実家に泊まり、妊娠するとほとんど実家に居るようになってた。姉もそのことは知っていた。姉は両方の事情(男=ガマンできない、女=…

続きを読む前にランキングをクリック

夏休みも終わりに近づいた、結構暑い日でした。

2019/10/13

私の高校では、3年生は10日ほど早く授業が始まります。先週から夏の受験対策特別講座、今週からは正規授業が始まっているのです。今まででしたら、「生徒のために・・・」「俺が頑張らなくっちゃ・・・」と見得を張って走り回っていたことでしょう。今は「役立ってはいるだろうが、1日や二日居ないからといって生徒が困るわけではない」と思っています。生徒の為に頑張っている振りをして、実はいい先生と呼ばれたかったようです。自分はそんなにいい人間では無いということを、この2日で実感させられたのでした。「そろそろでかけようか」ケンジさんの声で席を立ちました。「俺達は大学に用があるから」という2人の男と別れ、…

続きを読む前にランキングをクリック

双子の姉妹を性的にいじめ その2

2019/10/12

夏休みに花火大会に行った。双子も当然呼んだ。姉は女性用の、弟は男性用の浴衣を着てきている。親に着つけしてもらったという。交換させたいところだけど、私らは誰も浴衣の着付けができない。しかも、二人とも下着を着けてきていた。親が着つけさせたんだから仕方がないとはいえ、途中で脱いでくるぐらいの配慮はほしい。私たちは頭にきて、持っていたミネラルウォーターを二人の頭からかけた。そして、パンツだけ脱がせて浴衣の帯の隙間にねじ込んだ。 花火大会はとても混んでて、私らは席を取れなかったから、仕方なく立見で見ることにした。本当は普通に花火を見て帰る予定だったのだけど、イライラして姉弟をいじめ…

続きを読む前にランキングをクリック

陽子のおもいで 第20章 あなたのモノになる・・・

2019/10/12

夏休みが済んで、通常の勤務に戻ると、ぼくには東京への短期出張が待っていた。2泊3日の出張である。そのことを昼食にザーメンをチンポから直飲みしている陽子に話すと、3日も合えないのはいやだと駄々をこねた。「寂しすぎる・・・そんなの、いや!・・・じゃあ、わたしは休みにして、いっしょに東京について行く。」「大丈夫かな?会社のほうは?」「大丈夫よ、それに東京に行ったらしたいことも有ったし・・・」「それなら、陽子の好きにしなよ。いっしょに東京に行くか!」「やったー、うれしい!」それから2日が経って東京への出張の日、新大阪の新幹線改札口で午前9時に陽子と待ち合わせをして、東京に向かった。車中…

続きを読む前にランキングをクリック

映画館で…

2019/10/11

夏も終わりに近づいた頃の金曜日の事、まだまだ暑い日が続き夜こそ涼しさも感じられて来たそんな週末、良く行く映画館で人気話題作の新作先行上映を観に行って来た。事前にチケットを購入してあったので、上映時間15分前位に会場入りした。座席は何時も決まって真ん中辺り…流石人気作の先行上映…更に今回は3Dと言うだけあって、ほぼ満席状態だった。俺は売店で買ったドリンクだけを持って、指定の席に向かった。既に座っている人の足を踏まない様に気を付けながら自分の席に座った。俺の右隣から通路までは既に満席、左隣が2席空いて通路まで満席だった。上映5分前頃になって一人の女性…20代中盤頃が右側通路から俺の座っ…

続きを読む前にランキングをクリック

花火に夢中で妻の異変に気付かなかった私

2019/10/11

夏も近づき、店先には花火をよく見かける。何か夏って感じがして、私はとてもワクワクする。毎年、妻と大量の花火を購入し、プチ花火大会と称し楽しんでいた。最近、近くのホームセンターで大量の花火を購入し、今年はどんな感じで打ち上げるか自分なりに考え、家近くの河川敷に妻と向かった。妻にはちょっと離れた所にある土管に座って待っててもらった。その間に私は、打ち上げ準備を始めワクワクしながら打ち上げる順番に花火を並べた。空はもうすっかり暗くなり、恒例行事に気づいた子供達(小学生から中学生)が数人集まって来ていた。”よ~し、始めるか”そう思い、一発目の花火に火を放った。”ヒュ~ン・・・・バ~ン”…

続きを読む前にランキングをクリック

おじさんの言うことを何でも聞いたら、許してあげる

2019/10/11

大型ショッピングセンターに買い物に行った時、あまりにも混んでいたので車を少し離れた駐車場に止めた。こちらは空いていたので簡単に止められた。車から出た時『ガチャン!』という音とともに自転車が俺の車にぶつかった。「おいっ!」と叫ぶと、そこには自転車に乗ったまま転んでいる小さな女の子。すでに泣きそうだ。「大丈夫?」『うん…痛い…』小学2~3年だろうか、小さな日焼けした太ももや、乳首が見えそうなタンクトップを見ていたら、股間が熱くなってきた。「ケガは?おじさんがみてあげるよ」血は出ていなかったが、少し黒ずんだ傷を撫でてあげる。キュロットから見える白い下着を見ると、もう硬くなってきた。…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング