「オーガズム」一覧 (48件)

腰痛持ちの妻の治療

2020/11/04

私は45歳で妻の恵子40歳です一人娘も高校生に成りました…既に倦怠期で、夜の夫婦生活も年に1回有るか無いか位です。妻の恵子は昔から腰痛持ちでしたので、余りSEXは好きでは無いみたいです。恵子は処女では有りませんでした…私とのSEXの内容は、何時も直ぐ挿入して出して終わりみたいなパターンでした。それに私は短小で、早漏気味ですし妻を満足させていないと思います。私にテクニックが無いのが悪いのでしょうね…話は変わりますが、私の古い友人にKという鍼灸院を経営してる男が居まして、鍼灸アンマ師をしているそうです。少し前一緒にお酒を飲んだ時友人Kは「俺は人体の色んなツボを知っているので、女性の股のツ…

続きを読む前にランキングをクリック

部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた3

2020/10/12

普通の恋愛に興味がなくなってしまった私は、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が持てなくなっていた。それを寝取り、崩壊させることでしか満足感を得られなくなってしまった私は、面識のない人妻等ではなく、極近い見知った人妻に興味を持ってしまった。そして、私の会社のエースと言っても良い間宮の妻にターゲットを決めた。慎重な私は、いきなり私が行くのではなく、知り合いの巨根の性感マッサージ師の松永にまずは堕とさせることにした。それは想像以上に上手く行き、美帆はあっけなく堕ちてしまった。松永から受け取った報告のビデオの中で、最初は夫を守るために仕方なく、嫌々抱かれているという感じだった美帆は、最後には自ら…

続きを読む前にランキングをクリック

部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた2

2020/10/12

私は寝取り趣味が高じて、人妻や彼氏のいる女性にしか興味が無くなってしまった。そして、ついに身近な人間の妻に興味を持った。立場を利用して、部下の妻の美帆を堕とすことにした私は、手始めに夫のミスをでっち上げ、美帆が身体を差し出す事ですべてが丸く収まるように誘導した。そして整体師の松永から受け取ったビデオには、美帆の健気な姿が映っていた。でも、それは最初だけだった。夫のために、歯を食いしばって耐えていたはずの美帆が、夫のモノよりも立派な松永のモノを入れられて、あっけなくイッてしまう姿。それは、女性不信の私には、あぁ、やっぱり美帆もか……という程度の感想だった。結局、夫に操を立てようとし…

続きを読む前にランキングをクリック

陸上部で

2020/07/04

同じ陸上部のT子とは小学校の時からずっと仲良し。遊ぶのもいつも一緒だし、いろいろ相談にものってくれるし、私を気持ちよくもしてくれるし…。優しくてキレイなT子がいれば彼氏なんて必要ないって感じ。今年の春休みに陸上部の合宿がありました。練習は厳しかったけど、T子と一緒だったらそんなに辛いとは思わない。もちろんT子とわたしは同じ部屋で、夜はおしゃべりしながら練習でパンパンに張った脚をお互いにマッサージしあったりしてました。その日もT子がわたしの脚を揉んでくれていたら、しばらくして彼女が「成美の脚ってほんとにキレイだね。マジで頬擦りしたくなる」とニヤニヤしながら言いました。わたしも悪い気…

続きを読む前にランキングをクリック

妻のパート本当は・・・現実ver

2020/06/14

これは創作や妄想では有りません!僕は40歳、妻は37歳、子供は1人12歳、妻とは大学時代に知り合いそのまま結婚しました妻は美人でしかも処女でした妻は淡白でSEXはあまり好きでは無いほうだと僕は思っていました夜の夫婦生活は月に1回有るか無いかぐらいでした去年から会社が業績不振に成りボーナスカット、残業無しになり年収が減りました今から3ヶ月位前の事です妻が僕に夜8時から夜中の2時ごろまで工場のパートに行きたいと言われました僕は少しでも家計の足しに成るなら良いよと言いましたなぜ夜なの?と言うと妻は時給が昼の倍近く有るから、だから夜の部に行くと言いました僕は何の疑いも無くOKしました、…

続きを読む前にランキングをクリック

38歳未亡人マサコさん

2020/04/19

少し長編ですが…、若かったあの時を思い出して書いてみます。多少の脚色もありますが、ほとんどが実際の… 、過ぎ去った遙か昔のことです。その時マサコさんは、戦争未亡人で三十八歳でした。マサコさんとは、私が妻と結婚する前、恋愛中に襲いかかる二人の悩みを聞いて、私と彼女との仲を取り持ってくれた実質の仲人で、それだけ私たち夫婦には恩恵の深い人だったし、姉のように慕っていた人でした。その時妻は、出産のため実家にいて、予定日直前の日曜日に妻に会って励まし、その帰りにマサコさん宅を訪れたのです。酒を飲みながら二人で話しているうちに、最終列車に乗り遅れ、やむを得ず泊まって、翌朝一番列車で会社に出勤することにし…

続きを読む前にランキングをクリック

私は、写真マニア

2020/02/09

私は28、妻28、子供なし。私は、写真マニアである。学生時代からハマッてる。自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。と言うのも彼女は私の口から言うのもなんだが、妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、我が写真部の”アイドル”的存在であったからだ。でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。学生時代より、妻は、かなり彼のことを気になっていたようなのである。結婚も、私か、彼か、で悩んだとの事も、結婚後、妻から何…

続きを読む前にランキングをクリック

不妊治療

2020/01/19

妻は不妊治療に通っていたのですが、私も精子検査の為、何度か同行したことがあります。これからの話は、その時の恥ずかしくも興奮する話です。病院での妻は、更衣室で超ミニのワンピースのような検査着姿に着替えます。妻はいつも検査着の裾が短い事を気にして、しきりに下方ばかりを押えていましたが、私は、大きくV字に開いた胸元の白い乳房が、普段は無い深い谷間を作る方に目を奪われてました。私と妻は容器を渡され、別室に向かいます。私と妻は渡された容器に出来るだけ多くの精子を出さなければなりません。妻は口と手を使って手伝ってくれました。(ある時妻の顎が外れ、慌てた事もありました)容器に入れた精子は検査直…

続きを読む前にランキングをクリック

妻が中古女だったver.2

2019/12/21

妻と結婚する前、彼女と交際を始めてしばらくして、私たちはセックスをした。 妻は、私と出会う以前、大学時代に3年程交際していた男性がいたことは妻から聞いて知っていた。そして、彼の部屋に何度か遊びに行ったことがあることまでは聞いていた。 妻の性器に初めて私のペニスを挿入したとき、意外な程に簡単にヌルリと中まで入った。 ペニスを動かしたときの膣の感触も滑らかでなんだか緩く感じた。 私は、ひょっとして…という一抹の不安が頭をよぎった私も童貞では無い行き付けの風俗店の女の子と何度か本番はしている経験は有った…所謂素人童貞では有るが…しかも妻のオマンコの感触は其の風俗嬢のオマンコよりも緩く感じた…

続きを読む前にランキングをクリック

告白します

2019/10/22

二十六歳の主婦です。夫とは結婚して二年になります。夫はセックスに興味がなく最近は月に一回程度です。しかも、夫は出張が多く家にはたまにしか帰ってきません。主人が出張が多い中で体験してしまった事を誰かに聞いてほしく告白します。その日もいつものように主人が出張でいない日でした。普段通りに犬(ゴールデン♂)の散歩に行ってきました。バスルームにケン(犬の名前です)を連れて行きました。わたしは下着姿で一緒に入りました。シャンプーをしているとケンは気持ちよさそうにしていました。オチンチンが大きくなってきました。それを見て、私の中で何かのスイッチが入ってしまったようでした。シャンプーを洗…

続きを読む前にランキングをクリック

ヨーロッパのポルノ映画館を体験

2019/09/25

ヨーロッパの比較的大きな都市には、大抵、女性同伴の可能なおしゃれなポルノ映画館がある。女性は無料または週末だけ無料で入館できる。女性用と唱うだけあって館内は上品でじゅうたんがひかれ、いかにもという装飾はなされていない。独身の時は、スクリーンよりもカップルが気になって仕方がなかった。もちろん、本気でスクリーンに集中しているカップルは少ない。音はガンガン流れているわけで、カップルが何をしているかは音からは想像できないが、時々、女性の身体が仰け反るのを見たりすると興奮した。結婚してからは、嫁の性教育に使わせてもらった。全く何も知らない嫁に、一から教えるは面倒な所だが、映画が見事に威力を…

続きを読む前にランキングをクリック

嫁は短大の先生のセックスドールだった

2019/09/22

もう数年前のことになりますが妻が突然、「もうあなたに黙っていられない」と泣きながら告白してきました。妻と私は同い年です。妻との交際はお互い学生の頃からで、初体験は高3。もちろん二人とも処女と童貞でした。同じ高校卒業後、私は東京の大学に。妻は田舎の短大に進みました。遠距離恋愛になってしまい、卒業したら結婚しようと誓い、私が東京。妻は田舎(場所は一応伏せます)と離れ離れで文通と電話でつきあっていました。妻の告白はその間のことでした。妻の話は、短大時代に知りあったA先生と放課後ドライブに誘われキスされてしまったというのです。A先生のことは文通で聞いていました。40代くらいのすご…

続きを読む前にランキングをクリック

バブル経済にも陰りが見え始めた当時、私は関西の○△大学に通っていました。

2019/09/16

もう10年以上も前の出来事です。サークルの仲間と遊んだり、単位も順調にとっていた私は、それなりに大学生活は充実していました。。しかし、今まで一度も女性と交際したことが無かった私は、性欲の処理に関しては、1人でペニスの疼きを鎮めるしかありませんでした。数日に一度は、下宿の部屋で密かに自分のペニスをしごいて射精していました。そのうち、私は大学3年になっていました。そしてこのとき、私は初めて彼女が出来ました。次にお話しすることは、彼女と出会ってから私が経験したことです。**********************彼女は、ある女子大に入学したばかりだったが、僕が大学3年のときに同じサー…

続きを読む前にランキングをクリック

私にとっては時に性器や性行為と同じくらい淫靡な響きをもった言葉に聞こえます

2019/09/02

今年26歳になるOLの祥子(しょうこ)と申します。私の羞恥体験について知っていただきたくメールを差し上げます。私の羞恥体験はいつもタイツと共にあります。タイツ、それは私にとっては時に性器や性行為と同じくらい淫靡な響きをもった言葉に聞こえます。私は中学、高校と女子校に通っていたのですが、そこではバレエの授業がありました。黒いレオタードに白いタイツ、バレエシューズに髪をひっつめにして踊るバレエのレッスンは、女の子の心をときめかせるに十分で私は毎回のレッスンがとても楽しみでした。高等部の2年のころです。あるときレッスン着に着替えようとしていると、親友のR美がショーツなしでバレエタイツを…

続きを読む前にランキングをクリック

民宿のような小さな宿

2019/08/18

ちょっと俺の体験も聞いてくれよ。俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。休みも日月各週だった。4月から半年働いて、いい加減疲れたので、温泉でも行こうと思った。山奥まで電車で行ってひなびた温泉宿を捜したんだけど、行ったのは日曜だからなかなか見つからない。夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。そこは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。一応、温泉だけはちゃんとしてて、源泉から引いてるっていうので、とにかくそこに泊まることにした。その宿は、40代と30代の女性二人と、若い方の女性の子供の3人が居て、男性は誰もいなかった。外へ食事に行き、さて風呂に入…

続きを読む前にランキングをクリック

妻のパート本当は・・・現実ver

2019/07/11

ここ最近4日間の出来事です実話ですので過激な内容は無いですがご了承下さい 僕は40歳、妻は37歳、子供は1人12歳、妻とは大学時代に知り合いそのまま結婚しました 妻は美人でしかも処女でした妻は淡白でSEXはあまり好きでは無いほうだと僕は思っていました 夜の夫婦生活は月に1回有るか無いかぐらいでした 去年から会社が業績不振に成りボーナスカット、残業無しになり年収が減りました今から3ヶ月位前の事です 妻が僕に夜8時から夜中の2時ごろまで工場のパートに行きたいと言われました僕は 少しでも家計の足しに成るなら良いよと言いましたなぜ夜なの?と言うと 妻は時給が昼の倍近く有るから、だから夜の…

続きを読む前にランキングをクリック

妻と同僚

2019/07/04

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。階段の途中で、妻の声が聞こえた。「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くな…

続きを読む前にランキングをクリック

母との実話

2019/06/07

※これは過去の実体験を基に記した手記です。(長文が苦手な方はご遠慮ください。)子供の頃から母が大好きだった。小学校に上がるまでは、それこそどこへ行くにも母と一緒なほど甘えん坊だった。母は身長160センチほどの細身でスラリとしたスタイル。色白の瓜実顔に黒目がちの大きな瞳。いつもセミロングにしていた黒髪とすっきり通った鼻梁が、清楚で凛とした印象を与えていた。例えるなら女優の水野真紀を思わせる顔立ち。近所の母親たちなどいかにも“日本のお母さん”という女性が多い中、母は飛び抜けて若く美しかった。授業参観や町内の行事で母と一緒の時など、子供心にも自慢気だったのを覚えている。母は一人っ子の…

続きを読む前にランキングをクリック

アメリカ旅行でJCのレナちゃんと知り合った2

2019/05/17

レナちゃんと衝撃的すぎる経験をしてしまった俺は、寝るぞと言ったくせになかなか眠れなかった。だが、まだ短い人生だが、人生初のオーガズムを経験したレナちゃんは、疲れたのか、もう可愛いい寝息をたてていた。俺はまだJCのレナちゃんにあんなことをしてしまった罪悪感を感じながらも、レナちゃんのアソコに触れた感触や、可愛いあえぎ声を思い出してモンモンとしていた。俺の腕に抱きつきながら、スヤスヤと寝息をたてるこの天使は、イッた後に“セックスはもっとスゴいのかな?”と、とんでもない疑問を口にした、、、まさか、若すぎるレナちゃんと、そんな事は許されないとわかってはいるが、その事ばかり考えてしまう。そんな…

続きを読む前にランキングをクリック

目覚めたら妻が

2019/05/10

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。隣を見るとまだ妻の姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。階段の途中で、妻の声が聞こえた。「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」明らかに嬌声とわかる。同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くな…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング