「熟女」一覧 (448件)

JK卒業したてのヒマっ子に生挿入

2020/09/12

バイト以外では特に打ち込むものもなく、愛人ビレッジで女をあさるのが趣味と化していた。はじめの一年間はすっぽかし食らうこともあったが、あとは手慣れたもの。若い娘やら熟女やら食いまくった。当時まだ車、免許がなかった(笑)だから待ち合わせにはマウンテンバイクや原付で駆け付けてた。タクシーで来たとかホラふくこともあったが、それでアウトになったことはない。で、つながったのが、顔は篠田麻里子がひとえまぶたになった感じ。カラダは全盛期の藤原紀香だなところが、篠田が住んでいる所は、俺の町から100キロ以上離れた田舎町だった。会うことは不可能に近い。仕方なく、はじめはエロ話をしながらテレホンセ…

続きを読む前にランキングをクリック

旅先で妻が若い男達に代わる代わる

2020/09/10

話に入る前に、私達夫婦の紹介をさせていただきます。私34歳、妻(典子)36歳、結婚して8年になります。妻は特別美人ではありませんが、子供を産んでいないせいかスタイルが良くて、胸(Cカップ)の形も綺麗で、醸し出す雰囲気も色っぽいと思います。妻は高校生の時レイプ未遂に遭い、社会人になって数回痴漢経験があるせいか、長い間男性が苦手で、私と出会うまでは男性経験はありませんでした。しかし根はスケベです…妻が私の友人や後輩の他人棒を経験してから、私は妻と旅行に行くたびに”旅先で知り合った男に妻を犯させたい!”という願望があり、妻に内緒でコンドームを持参し期待してたのですが、なかなか願望がかなってい…

続きを読む前にランキングをクリック

京都の夜

2020/09/10

僕は親戚のご主人が、58歳でくも膜下出血で突然亡くなったのです。普段はあまり交流も少ないのですが、親戚だし僕の父親の亡くなった時に出席してくれたので、今回は出かけることにしました。金曜の仕事を終えて5時の新幹線で、京都に入りました。お通夜は6時からでしたが、セレモニーホールについたのは8時過ぎでした。まだ数人のお通夜の客が残って、宴会の状態でした。お酒と精進料理で盛り上がっていますが、僕は普段からあまりお酒は飲みません。でも勧められるままに、コップで2、3杯は頂きました。その時に勧めてくれたのが、年齢なら40歳ぐらいの奥様で、喪服が物凄く色っぽく、やはり東京からの母方の親戚の方で…

続きを読む前にランキングをクリック

合格パーティー

2020/09/06

友人のAから聞いた話。話はうまいが妄想癖と虚言癖がひどい奴だから、ネタというか創作として聞くのが適当かと。今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げもAのマンション自室。もっとも塾経営で羽振りが良いのか(一応、学生なんだけどな)、郊外だけど結構高級な物件ではある。俺もよく行くんだが、リビングはちょっとしたパーティーができそうな広さで、いっちょ前にソファーセットも何組かあった。打ち上げに来たのは、小学校を卒業したばかりの男子5人と保護者。平日の昼間だから全員母親だった。名門私学…

続きを読む前にランキングをクリック

みよちゃんのママ

2020/08/25

幼い頃の僕は両親がいなく寂しいものでした。隣に越してきた親子に当時4歳のみよちゃんがいて僕の友達として遊んだことを思い出す。思い出すのはこの事ではなくみよちゃんのママのことを最近よく思い出す。僕は今20歳となり社会人として勤めている。当時のことを思うと今でもペニスが勃起する。幼少期の頃・・・・僕の家は昼間誰もいなく1人のことが多かった。そんなみよちゃんママは僕を気にかけ晩御飯を毎日作りにきてくれた。みよちゃんママは仕度がが終わると、僕をひざの上に座らせどうゆう訳かおっぱいを吸わせてくれた。しかも毎日である。今思えば不思議であるが理由がよくわからない。そのある日の出来事をおもいだす。…

続きを読む前にランキングをクリック

義姉は29歳で僕は22歳です

2020/08/01

僕達が初めて会ったのは、僕が結婚する、ちょっと前でした。もう17年前です。義姉の喜美枝は29歳で僕は22歳です。喜美枝と初めて関係を持ったのは、ちょっと仕事に開きができてちょうど喜美枝の家の近くでトイレを借りによった時でした。喜美枝のティシャツに乳首が透けていてタンパンで、トイレを借りようをする時僕のチンコは立つてしまい大変だた事を思い出します。トイレから出ると喜美枝はコーヒーを入れてくれ僕がコタツに入り、しばらくは、妻の事や世間話をしていると、昨夜の夜勤の疲れでコタツで寝てしました。30分ぐらい経った時僕のチンコを何か包み込むような暖かさが広がり、目を覚ますと喜美枝が裸で僕のチンコ…

続きを読む前にランキングをクリック

熟女との初体験

2020/07/31

僕は25歳になった今でも若い女にはあまり興味がわきません。いわゆる「老け専」ってやつです。それは初めての相手が熟女だったからです。母親の友人だった女性に小学生の頃から可愛がられていました。その女性(カオルさん)はバツ1で子供もいないため僕を自分の子供のように思っていたようです。僕もカオルさんになついていてたまには家に遊びに行ったまま泊まらせてもらうこともあるほどでした。まだ子供だった僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気でした。中学生になった頃には少しづつ遊びに行くことは減りましたが、それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり気軽に話せる大好きなおばさんで…

続きを読む前にランキングをクリック

母の過ち

2020/07/30

友人のKは、体格がよくガッチリとしたスポーツマンだ。180センチの背丈でなかなかイケメンで女にももてる。まだ高2なのにかなり年上の熟女と結構遊んでるみたいだ。デカチンで有名?で前に部活の合宿では一緒に風呂に入ったときに見た一物はすごかった。ヘアスプレーの缶ぐらいかなぁ。噂では、36歳の英語の人妻教師を孕ませたとか・・おそろしいやつだ。ある日うちに泊まりに来た時、俺と友人と母親と晩飯を食べているとき、うちの母親のYは、「K君はもてるんでしょ。うちの子はぜんぜんなんだけどね、ほんと格好いいよね。」「いえいえ、そんな」余計な御世話だ。ビールの入った母は、なんかKと話が盛り上がってきて…

続きを読む前にランキングをクリック

ナンパされた妻 ?

2020/07/18

夕方5時駅前にある居酒屋「ポン太」の前は、電車を利用する人々や商店街で買い物をする主婦達でごった返していました。私は向かいにあるドラッグストアで、買いもしないヘアマニュキュアの説明書を読むふりをして、妻有希が来るのをこっそり待っていました。5時にアルバイトが終わり、その後ゆっくり歩いてきたとしても、ものの5分程で着いてしまう距離でした。虫コ○ーズの箱を取り上げた時、バイト先のコンビニの方から妻がこちらに歩いて来るのが見えました。コンビニで着替えたのか、出かける時はジーンズにTシャツだったのが、今はネイビーの小花柄が可愛いチュニックの膝丈ワンピに黒のパンプス、ゆったりした胸ぐりからシルバ…

続きを読む前にランキングをクリック

堅物の美人妻に仕掛けてみたら

2020/07/09

中年夫婦の話ですので、ご興味のない方はスルーしていただけたらと思います。私が50才、妻が47歳になります。2人の子供が就職やら、大学進学やらで18年ぶりに夫婦2人の生活になったのが昨年でした。家にいてもつまらないとこのことで、妻が働き始めたのですが、そこは私がネットで知り合った人の工務店でした。加藤さんという男性と、ある寝取られサイトで知り合ったのが、ちょうど妻が働こうかなと言い始めた時でした。離婚歴のある42歳で、写真では営業マンのような爽やかなイメージでした。「ぜひうちで奥さんに働いてもらえないですか?」自他共に認める熟女フェチだという加藤さんは、妻の写真を見て一目で気…

続きを読む前にランキングをクリック

教育実習生

2020/07/08

朝礼が終わって、教室へと戻ったときに、「残念ながら、男のほうらしいぜ」後ろの席の佐藤が、そう教えた。「…え?」「実習生。うちのクラスに来るのは、男のほうらしい」「ああ。そうなんだ」つまり、いましがたの朝礼で紹介された二人の教育実習生のうち、男のほうがこの二年A組付きになるという情報だった。「ツイてねえよな。せっかく、女子大生とお近づきになれるチャンスだったのにさ」「うーん…女子大生つってもなあ」いかにも無念そうな言葉に、修一は同調する気になれない。女性のほう、佐藤の拘る“女子大生”は正直さほど“お近づき”になりたいタイプでもなかった。「それでも、ニヤけた優男よりは何倍もマシ…

続きを読む前にランキングをクリック

熟女生保レディー

2020/06/25

地方の中核都市に住んでる自営業40歳既婚者♂です。知人の強引な紹介で生命保険の営業の女性が会社に来たときのことです。知人曰く「とにかく話だけ聞くだけ聞いてあげて欲しい、面白い女やから。」と言われて会うことになった。うちの会社は土曜日の午後は事務員も帰り僕だけになる。知人に付き添われた彼女は40前後かと最初は思ったが49歳だと言われた。少し小太りだが巨乳で尻のデカイ、バツイチ熟女でした。年のわりに少し短いスカートのスーツでブラウスも胸元が大きく開いたものでチラチラと淡いブルーのブラが見える格好で、ちと最初は目のやり場に困りました。しかし、もっと焦ったのは保険の説明に夢中になると深く…

続きを読む前にランキングをクリック

年増っていいね

2020/06/14

単なる感想なので申し訳無いのですが・・・。年増っていいですね。35過ぎの女性って最高。何がって?アソコの柔軟性は若い子にはかなわないですね。大きいモノをお持ちの諸氏なら分ると思うのですが、若い子だと余程の巨根好きでもない限り大きいと入らなかったり、入れるのに一苦労したり、仕舞いには痛がって途中で終わったり、入れてはみたもののキツくて巨根が赤く腫れてしまったり、半分くらいしか入らなかったりホント苦労しますよね。いや、巨根好きの若い子でも無い物ねだりをしているだけで、実際は極太長大だと痛がって中断しますよね。そんなこと分りきっているので、前戯だってしっかりと1時間近くして十分に濡れそぼ…

続きを読む前にランキングをクリック

性欲を満たしてくれる熟女

2020/05/03

同じ職場に勤める彼女は50歳手前でもちろん人妻です。普段は仕事熱心で、出しゃばることもなく、かといって決して美人でもなく、スタイルがいいわけではありません。又、雰囲気も身体付きも肉感的というのはほど遠い。しかし、積極的では決してないけど、キスをすると、向こうからも舌を絡めて来るし、おっぱいを揉んだり、乳首を口に含んだりすると、必至で声を殺そうとするけど喘ぎ声を出している。下半身の裸にして一つになろうとすると、自ら上も脱いで全裸になってくれる。正常位で挿入すると自ら両足をM字に大きく開脚して思いきり脚を顔の方まで待ちあげ、深い挿入が出来るようにしている。それに挿入するときはいつもあそ…

続きを読む前にランキングをクリック

混浴で熟女に囲まれた僕

2020/05/03

大学を出て就職1年目のまだ僕が22才だった頃の話です。僕は東京で会社に採用されて、そのすぐ後に福島県の営業所へと配属されました。そこでの僕の楽しみと言えば当時買ったばかりの車で40~50分のところにある露天の温泉に週末1人で行く事くらいでした。ある時、いつものように僕がお昼過ぎくらいの時間から1人で露天風呂に入っていました。そこは温泉の湯の表面に湯の花と言われる玉子スープのような白い泡がプカプカと浮いている事で地元ではとても有名な温泉でした。すると、そこに40才前後の女性の4人組がいきなり裸で入って来ました。たしか・・・僕がこの露天風呂に入ろうとした時には、浴場の入り口の扉に「午後…

続きを読む前にランキングをクリック

お初

2020/05/02

貞淑な人妻だった(?)夏○はもう完全に僕の女になりました。「貴方に夢中よ」といって僕のペニスにむしゃぶりついてきます。以前セックスの最中に「もうどうなってもいい何人もの男に次々に犯されたい」と口走ったので、いつか3Pを実行したいと思っていましたが、ついにやりました。例によって旦那の出張中に一歳下の独身の友人Kと朝からドライブに誘いました。榛名山周辺をドライブしたあと夕食をとり「もう遅いからどこかで泊まろうか」といって渋川の近くのホテルに入りました。なんとなく彼女は期待していたようで、何の抵抗もなくホテルに入りました。Kは僕と違って筋肉質のスポーツマンタイプの独身ですから、彼女も興味…

続きを読む前にランキングをクリック

熟女ひとみ

2020/04/27

自分はバイト先の人妻の(仮名)ひとみさんと、なんとなく仲良くなった。ひとみさんは40才過ぎの熟女だが見た目は30才位に見える小柄で可愛らしい女性だった。バイトの休憩中の時に、ひとみさんと話して打ち解けると、旦那さんが単身赴任をしている事や、短大卒業をしたての1人娘がいる事を話してくれた。しばらくして、バイトの仕事にも慣れた頃休日にお疲れさん会が開催された。バイト先では恒例の半強制参加の飲み会で昼間からあり、自分も参加して、酒を飲んでいた。「デカ君飲んでいるか…」「はい、飲んでます?」みんなに思い切り飲まされて酔ってくると、自分は横に座っていた酒の飲めないひとみさんに「少しだけでも、…

続きを読む前にランキングをクリック

ちょんの間体験記

2020/04/25

場所は伊豆の入り口にある有名な温泉地。街の飲み屋街の一角の橋の上にいつもポン引きのおばちゃんが立っている。いつしか顔見知りになって、「こんばんは、今日は儲かってるの?」『今日はダメだね』なんて会話している。名古屋から兄貴のように思ってる人が遊びに来たとき、兄貴が酔った勢いもあって『一回行ってみる?』と。相場は15って聞いてたから、おばちゃんに「今日は遊んでみるよ」って言って値段交渉。地元って事もあって少々まけてくれた。そしておばちゃんに連れられ現場へと。着いた先は昭和40年代に建てられたマンションの玄関。ここでやってたんだって少々の驚き。『ここから先は一般の人も住んでるんだ…

続きを読む前にランキングをクリック

38歳未亡人マサコさん

2020/04/19

少し長編ですが…、若かったあの時を思い出して書いてみます。多少の脚色もありますが、ほとんどが実際の… 、過ぎ去った遙か昔のことです。その時マサコさんは、戦争未亡人で三十八歳でした。マサコさんとは、私が妻と結婚する前、恋愛中に襲いかかる二人の悩みを聞いて、私と彼女との仲を取り持ってくれた実質の仲人で、それだけ私たち夫婦には恩恵の深い人だったし、姉のように慕っていた人でした。その時妻は、出産のため実家にいて、予定日直前の日曜日に妻に会って励まし、その帰りにマサコさん宅を訪れたのです。酒を飲みながら二人で話しているうちに、最終列車に乗り遅れ、やむを得ず泊まって、翌朝一番列車で会社に出勤することにし…

続きを読む前にランキングをクリック

熟女店員

2020/04/09

初めてTバックのパンツを履いて、ジャス○にぶらっと買い物に出かけた。平日の昼間なので店内はガラガラ。紳士服売り場でスラックスを見ていると「良ければ試着されますか」と店員に声を掛けられました。横を見ると50過ぎの感じのいい熟女店員でした。「そうですね」店員に白とグレーのスラックスを2本渡すと「こちらです」と案内され試着室に入った。一本目のスラックスを受け取り、履き替えると、カーテン越しに店員が「よろしいですか」私が「ハイ」と答えるとカーテンをまくり中に入ってきました。「裾どうですか」言いながらと真正面にしゃがみこんだので、上からスカートの中が丸見えである。店員は「スソは短めで…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング