バイト仲間と思い出作り4Pの乱交・・2/2

2018/11/06

「あのさ、俺のリクエスト聞いてくれない?」そう言うアキラは仰向けになりながら上半身だけを起こしてこちらを見ている。
そしてそのアキラの股間にはやはり一糸纏わぬ姿になったユキが顔を埋め、ぱっくりとアキラのチンポを咥え込んでいた。
当たり前だけど初めて見るユキのフェラチオ。
そして目の前にはマユミの愛液まみれのオマンコ。
なんという非日常的な光景。
「あのさ、2人で一緒にフェラしてもらいたいんだけど。」アキラの希望はいわゆるダブルフェラってやつだった。
「どうする?」みたいに無言で見詰め合う女2人。
しかしこの期に及んで拒否する理由はないし、せっかくの乱交なんだからそれらしいことをやりたいしやられたいっていうのは恐らくユキとマユミも同じだろう。
俺が少しマユミの体をアキラのほうに押しやると、マユミは自発的にアキラの方に体を動かしユキに並んだ。
「どうすればいいの?」
「交代で咥えて」短い会話をはさみ、アキラが「じゃあユキからやって」と言う。
ゆっくりとユキが上下運動を始め、それをマユミが至近距離から見つめている。
そしてその姿を見ているアキラと俺。
アキラのチンポはもうビンビンに勃起していて小柄なユキがその不釣合いに太いチンポを咥えている姿が激しくいやらしかった。
手持ち無沙汰になった俺は2人の後ろに回りこむと、二人の足を広げ、わざとお尻を突き出させた。
ユキとマユミのオマンコがぱっくりと並んで開く。
並べてみると同じオマンコでも随分と形状が違うのが良くわかる。
ユキのお尻は真っ白でプリプリしていていかにも弾力があり、陰毛はオマンコ周辺だけでなく肛門の周りまで生えているものの、色は綺麗なピンク色をしている。
一方、マユミは薄い陰毛にビラビラの小さい小振りなオマンコで、色は妙に赤みの濃いエロさの漂うオマンコだった。
2人とも恥ずかしさを超越したのか抵抗することなく、俺にオマンコをいじられたりお尻を広げられたりしながら一生懸命アキラにフェラをしている。
俺が2人の濡れたオマンコに同時に指を突っ込み動かすと、すぐに二人はあえぎ声をあげ始め、時折漏れるアキラのうめき声に同調した。
2人の女のオマンコに同時に指を入れるというあまりにもいやらしい光景に、俺は堪らない興奮を覚えていた・・「入れたくなってきた」しばくしてアキラがそういったとき、それはまさに俺も同意だった。
もう我慢も限界で、入れてめちゃくちゃに突きまりたいと言うのが本音だった。
2人で同時にスキンを装着し、女達に襲い掛かる。
ユキもマユミも四つんばいの姿勢のままだったから、自然とバックで挿入することになった。
組み合わせはさっきと入れ替わり、アキラとマユミに俺とユキ。
挿入と同時に2人のあえぎ声が部屋中に響き渡る。
2人ともあえぎ声は大きくて、かなりのボリューム。
アキラと俺は競うようにMAXのスピードでチンポをオマンコに叩きつける。
隣で突かれているマユミの苦しそうな顔と、ユキの白くて丸いお尻。
ユキのオマンコももう充分に潤っていて、ヌルヌルとしたまとわりつくような感触がスキン越しでも伝わってくる。
久し振りのSEXがとんでもないシチュエーションで、半端じゃない快感が俺の脳天を突き抜けた。
あっという間に4人とも羞恥心なんて欠片も無いぐらい獣になった。
「2人でキスしてよ」アキラのリクエストに躊躇いも無くキスをするユキとマユミ。
俺は「こういうのはどう?」といいながらユキの体を起こして背面騎乗位の体勢に移行すると、少し体の向きを変えてバックで突かれているマユミの目の前に俺とユキの結合部を見せつけた。
「やだーっ!!」というユキの悲鳴の様な声と、「いやっ!すごい!」と喘ぎながら言うマユミの声、「すげー、丸見えだ」という嬉しそうなアキラの声。
俺は下からガツガツと突き上げ、2人に結合部を見せつける。
小柄なユキの体が、ただの物体のように上下に揺れているのが妙に不思議でエロかった。
「よし、交代しよ」俺とアキラはどちらとも無く言うと、パートナーを変えることにした。
元々愛液まみれだったマユミのオマンコは、アキラのピストンによりかなり白濁していて、正気であれば少し引いてしまうぐらいグロくなっていた。
俺はマユミのオマンコから白く濁った愛液を指ですくうと、わざとマユミに見せつけ「マユミのオマンコからこんなの出てるよ」と苛めた。
「やだーっ!」と恥ずかしがるマユミ。
しかしそのマユミももう正気ではないのは明らかで、俺がその指についた愛液を黙ってマユミの口に押し込むと、マユミは何も言わず俺の指をしゃぶり自らの愛液をきれいに口で拭うと、俺はその口にキスをし舌をベロベロと絡ませた。
キスをしながらピストンを開始すると、さっきまでアキラの太いチンポが入っていたせいか、マユミのオマンコは摩擦が少なく感じられた。
「マユミ、アキラのチンポのせいでマンコがガバガバになってるよ」言葉責めによる恥ずかしさでマユミの顔が歪む。
俺は妙にSな気持ちになり、体位を再びバックに切り替えると、正常位ではめているアキラとユキの側まで移動し、マユミに意地の悪い質問をした。
「アキラの咥えたいでしょ?」返事をしないマユミに代わり、アキラが「咥えたいの?」と言いすかさずユキのオマンコに入れていたチンポを引き抜きマユミの前に突き出す。
スキンをつけているから生ではないものの、ユキの中に入っていたチンポを目の前に突き出されるマユミ。
もちろんアキラのチンポにはユキの愛液がたっぷりと付着している。
AVでは定番の後ろで入れられながら前で咥えるという行為をマユミが受け入れるかという俺の期待とは裏腹に、マユミはまったく躊躇することなくアキラのチンポを咥えた。
結果的にユキの愛液を舐め取るように、アキラのスキン付きチンポをフェラするマユミ。
もちろんその間俺には後ろからガシガシと突きまくられているので声は出るし体も揺れるため、すぐにチンポが口から離れてしまうものの、そのたびに自らチンポを求めて口を広げるマユミの姿がたまらなくいやらしい。
最初は雰囲気がどうとか言っていた女が、いまは自らチンポを求めてよがり声をあげている。
さらに俺たちは「今度はユキの番な」と言って、ユキにも同じことをさせた。
再びアキラがユキに正常位で挿入し、今度は俺がマユミからチンポを抜いてユキに咥えさせた。
マユミの白濁した愛液がたっぷり付いたチンポにもかかわらず、ユキも素直にチンポを咥え、さらに今度は一度俺がスキンを外して生でもフェラをさせた。
「ユキ、チンポおいしいって言ってみな」
「おいしいっ!」
「チンポだろ」
「チンポっ!」
「マンコは?」
「気持ちいいっ」ユキは俺たちに言わされるがままに隠語を言い、恥ずかしそうに喘いだ。
その間、マユミはしゃぶりつくようにアキラとキスをしていた。
4P乱交を堪能し、いよいよ後は発射を残すのみとなった俺たちは、もう一度アキラ&ユキ、俺&マユミの組み合わせで挿入し、ゴールに向けて一心不乱に体を重ねた。
「俺そろそろいきそう」
「俺も・・」そんな会話をしながら、俺とアキラのフィニッシュはうまい具合にほぼ同時に訪れた。
目の前でピーンと体を硬直させるアキラとその下でカエルのように仰向けになっているユキ。
それを確認した後、全く同じ格好をしているマユミに発射する俺。
本当はここまできたら顔射もしてみたかったんだけど、残念ながらそこまでの余裕は無く、それでもゴム付き中出しのフィニッシュに俺たちは大満足。
ユキとマユミも完全にぐったりした状態ではあるものの、満足感が全身から伝わってくるのがわかるような気がした。
しばらくは4人とも放心状態でぼーっとしていたけど、やがてアキラが「シャワー浴びようぜ」と言い、発射時の組み合わせでシャワーを浴びることになった。
俺がマユミとシャワーを浴びつつ今のSEXについて聞いてみると「なんか落ち着かない・・」というのがマユミの感想だった。
あんなに興奮していたくせに意外にそっけない感想に、俺が「もうしたくない?」と尋ねると、「たまにはいいかもねw」とマユミははにかみながら答えた。
確かに一度覚えると時々求めたくなる刺激の強さであると俺も思うし、特に今回は彼氏彼女の関係じゃないだけに余計興奮したというのがあったと思う。
風呂から出ると、部屋にはまだ裸のままのアキラとユキがいた。
一瞬裸族にでもなったような不思議な感覚を覚えたけど、裸でいることにほとんど恥ずかしさを感じなくなっていることが、俺たち乱交したんだなーということをしみじみと感じさせた。
つい、さっきまでのユキとマユミのどエロイ姿を思い出して、またちょっとチンポが反応してしまうのが面白かった。

アナタも秘密の体験相手を探そう!
厳選おすすめ出会い4サイト

ハッピーメール

PCMAX

ミントC Jメール

メルパラ

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング