「精液」一覧 (1693件)|3ページ

妻が回された

2019/06/02

私35歳、妻29歳私と妻は出会い系サイトで知り合い結婚しました。妻は松下由樹似のちょっとポッチャリタイプの女性です。妻は保険の営業をしており、ほぼ毎日外回りで営業を行っています。ある日、私が会社の取引先の人と飲んでいる席で相手の男性から、面白い話をされました。それは、男性の友人が保険に入った時、営業の女性とヤッタという話でした。私:本当ですか?そんな事出来るのかな?男性:出来るんですよ。特に期末はノルマがあるから焦っているんでしょうね。私:いいね。俺も入ろうかな?男性:私も、そう思ってその友人の担当営業を呼んで貰ったんですよ。私:じゃ、ヤレたんですか?男性:もちろん。友人が…

続きを読む前にランキングをクリック

明子

2019/06/02

「山口さん、お疲れ様」俺のあいさつに、明子はにこやかにほほ笑んだ。山口明子、彼女は俺の悪友昌夫の母親だ。昌夫とはラグビー部で一緒だ。特に彼はムキムキとして友達の間でも有名だ。自転車で10分くらいのところにあるスーパーでパートをしている。俺は、こともあろうに悪友の母親の明子に女を感じてしまっていた。なんたって、40代前半にしか見えないつやのある肌と、それなりに多少くたびれたラインが、俺の想像力をかきたてる。おそらく40代半ば、ちょっとむっちり系だ。昔はいいスタイルだったに違いない。毎日まじめに働く彼女は、旦那とどんな営みをしているのだろう。そんな想像をし、気が付くと2か月が過…

続きを読む前にランキングをクリック

妻の告白と動画ver2.0

2019/06/02

僕は28歳です商社のサラリーマンで妻の里香は25歳で課は違いますが同じ商社のOLをしていました。里香は身長も高くスタイル抜群で性格も明るくて結構可愛い感じの女性でした…会社の男は皆妻を狙っていた感じでしたが…僕が妻のお眼鏡に掛かったのか分りませんが半年程交際して結婚しました妻は勿論処女では有りませんでした…それは仕方が無いですが…結婚して1年経ちました…今までは何事も無く平穏無事に過ごしていました。しかし妻の3面鏡の中に「秘密の思いで」と書かれたDVD-Rを見つけてしまいました…其れを見た僕は怒りと興奮する気持ちが同時に込み上げてしまいました…妻と久しぶりのSEXをした後…妻の里香がこう切…

続きを読む前にランキングをクリック

小学校の性教育の時間

2019/06/02

「今日は『射精のメカニズム』について勉強します」と女教師。小柄ながらもクラス一の巨根という噂のある鈴木くん(仮名)が黒板の前に呼ばれる。背後に回る女教師。一瞬、何が起こるかわからない鈴木くん。次の瞬間、半ズボンとブリーフを一気にズリ下ろす女教師。クラス内は騒然。「はい、静かに。男性器は、普通の状態だとこのように小さくなっています・・・あれ、鈴木くんは普通の状態でも随分、立派ねぇ」背後でニヤニヤする女教師。「さて、普通、射精する時は性器が勃起します。勃起するには性的に興奮するか、直接、性器に刺激を加えます」言うやいなや、背後から手を回し、チンポをしごき始める女教師。「い、いけな…

続きを読む前にランキングをクリック

しなりそうなイチモツに母の指がまとわりついた

2019/06/01

「今日、する?」避妊具を手に、いやらしく笑う母。もう何度もぼくは、そうやって母とベッドを共にした。近頃、母のほうが積極的にぼくを誘う。なんだろう?この変わり方・・・最初は、ぼくが母を誘惑したんだ。とうに成人したぼくが、彼女も作れず、引きこもって両親と同居しつつ、暗く、ぬるい人生を送っていたころから。今も境遇は変わらないのだけれど。「母さんは父さんとエッチしないの?」ウィスキーで晩酌しながらぼくは、あの時、そんなことを母親に尋ねたと思う。「えっ?」夕飯の後片付けをしていた母の後ろ姿が凍りついたようだった。「なんなの?あんた、酔ってるの」ぼくはにやけながら、ずうずうしく続け…

続きを読む前にランキングをクリック

部下はおもちゃ

2019/06/01

「硬くて美味しい 今日はだいじょうぶよ 中だしも」伸也の男根を握り締め亀頭部を咥え舌で舐め遊ぶと「ラッキー 麻里 生でいいんだね」「何言ってるの いつも生でしょ 彼女とあまりHしないで」「オッオオ〜 麻里が一番さ 気持ちいい」腰を伸也の顔の上に移動し69を楽しむ。深くバキュームフェラをすると伸也は私の女性器を舐めクリトリスに吸い付いてくれる。女性器がジィ〜ンと熱くなりつい声が出てしまう。「しっ伸也 気持ちいい」「麻里 もうグチョグチョだよ 入れようか」仰向けになると旦那より太く硬く大きな男根を女性器深く伸也が生で挿入してくる。「ウッ アウッ きっきつい」つい声を出しなが…

続きを読む前にランキングをクリック

初めての夜

2019/06/01

「見ろよ、こんなことしている人がいるんだよ」28歳の妻に複数プレイのサイトを見せたのは先月のことでした。旦那以外の男性に抱かれながらのけぞる人妻の姿を見て妻は食い入るように画面を見ていました。「俺以外の男としてみたいと思う?」と聞くと「あなたがいいなら女はは受け入れる側だからね、でも他の人のおちんちん入れられるなんて考えたらなんだかあそこがズキズキしてくるわね」「お前が他の男のちんぽで悶えるなんて考えたら立ってきちゃったよ、ほら」「すごい、カチカチよ」「なんだか悔しいのに興奮するんだよ」「私も変な気分になってきた」妻は私のちんぽに唇をかぶせてきました。いつもより念入りに舌を絡めて…

続きを読む前にランキングをクリック

好色淫熟妻

2019/06/01

大学の夏休みがそろそろ終わる9月の上旬に妻は、やっと若者たちから解放され、およそ1ヶ月半振りに戻ってきました。久しぶりに見る妻は、若者達との経験を経て一層艶かしくなった感じがします。肌のツヤ、表情、発するフェロモン……夫の私から見てもぞクッとする程、女としての魅力を増していました。元々、165cm、B96.W75.H110のムッチリ豊満な肉体は、さらに胸は膨らみ、お尻は大きくなった感じがします。体重は3kgほど増えたのではないでしょうか。おそらく、若者達のさらに好みの肉体にされたのでしょう…。妻「本当に長い間ごめんなさい…許してくださいね、あなた…」私は、この1ヶ月半、怒りや嫉妬、…

続きを読む前にランキングをクリック

妹が水着に着替えたら

2019/06/01

「兄貴、これどう?似合う?」「むおっ!」外の猛暑に外出する気にならず部屋でエアコンつけて涼んでいたら水着姿の妹が入ってきた。「明日、彼氏と海に行くんだけど… どう?この新しい水着」こいつ何て身体してやがるんだ… こんなんだったっけか?ここ何年も妹の水着姿なんて見てなかった俺は、そのプロポーションの良さに目を奪われた。まだ成長途中で手足ばかり長く女っぽい丸みが無いのにこの巨乳。明らかにEカップはあるんじゃないか?ビキニの横から余った乳肉がはみ出してるじゃないか!「ま、まあ似合ってるよ。それにしても…」「え?それにしても何?」「お前、オッパイすごいのな。いつの間にそんなになっ…

続きを読む前にランキングをクリック

小学生のオモチャ

2019/05/31

「紀子ー・・頼みが有るんだけど・・・」こんな、なにげない一言が、全ての始まりでした。夫は、小学校の先生をしています。サッカーの顧問をしている事もあり、しょっちゅう4年生から6年生の子供達が、私達のアパートを 出入りしていました。そんなある日、「紀子・・・頼みが・・・」聞けば、子供たちに、私の裸を見せる約束をしたと、言うのです。なんでも大きな大会で優勝したご褒美だとか、勿論断固断りましたが、夫もどうしても引き下がりません。むしろ逆ギレしているのです。仕方なく了承すると、明日夕方連れてくる言うのです。翌日、夫が6年生を 17人も連れてきました。恥ずかしさで死にそうでした。夫が脱がすのか…

続きを読む前にランキングをクリック

もう我慢できない 美姉のお漏らし

2019/05/31

「まだかな?サービスエリア…」焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」「我慢できそうにないの?志織…」母絵里が心配そうに姉に聞く。「ううん。大丈夫…」そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。母絵里は18の若さで志織を身篭った…

続きを読む前にランキングをクリック

大学時代の憧れのマドンナと結ばれた夜〜〜〜。

2019/05/30

「どうしてこんな関係になってしまったの?」恵子は僕の胸に顔を埋めて囁いた。その日の夕方、僕と恵子は新宿通りの紀伊国屋書店の前でバッタリ逢った。もう何年ぶりだろうか。恵子と僕は大学時代の同窓生で同じサークルで、恵子はその美貌から皆の憧れのマドンナだった。僕も当然恵子に横恋慕したが、叶わずして卒業を迎えたのだった。それから数年経った。「恵子さん、結婚したの?」「ううん、まだよ。仕事人種になってしまったわ。一度恋したけど終わったわよ。」「時間があったら一杯飲もうか。」「良いわよ。お付き合いするわ。アナタと二人で飲むなんて初めてよね。」僕達は居酒屋に入った。ビールを飲み、ワインを飲…

続きを読む前にランキングをクリック

美姉調教

2019/05/30

「ただいま」「あっお姉ちゃん。ちょうどよかった…今、浩や敏夫たちがきてるんだ。みんな、お姉ちゃんの大ファンだし顔出してやってくんないかなあ…?」「えっええ…」「何だい、お姉ちゃん、今日はずいぶん元気ないじゃない?せっかく、こんないい身体してんだから服で隠してちゃもったいない。もっとみんなに見てもらわなきゃ…」「ああっ雄ちゃん、もう苛めないで…」私、白石由美、高校一年のごくふつうの女の子、ただ一つ、今年小六になる弟の雄太の奴隷であることを除けば………。つい彼氏のいない寂しさから自慰にふけっているところを雄太に見られて以来、私はこの弟の言いなりに裸をさらし、口にも言い出せないような恥ずか…

続きを読む前にランキングをクリック

大事なものは大事にしろ

2019/05/30

「そんなことになったら、嫉妬と後悔で倦怠期なんて一発で吹っ飛びますよ。もう絶対に相手を離さない、もう絶対に相手以外には触らせない。余計に夫婦仲が固まりますよ」「で、でも、私、ユウくん以外の赤ちゃんなんて、産みたくないよ……」「避妊なら大丈夫ですよ。アフターピルを持ってますから、後でお渡しします。僕はそういう方面にもコネがあって、それだから、あんなに高い信頼度をつけて貰ってるんです」智香は少し考え込む様子を見せたが、入口に押し当てられている逞しいものを物欲しそうに眺めた後、意を決したように友一に視線を寄越した。「あのね、ユウくん……私、ユウくんがいいなら、いいよ」決断は友一に委ねられた。…

続きを読む前にランキングをクリック

罰ゲームの電気アンマ

2019/05/29

「じゃあうちから見せるな〜はい!」 「げ!95点?」 「大地は何点やった〜?」 「は…88点…」 「やった〜!うちの勝ちや〜!!よっしゃ〜!」 「自信あってんけどな〜…」 「うち漢字得意なん忘れてたやろ〜?六年生で上から五番には入るで〜」 「そうやった…無謀な戦い挑んだわ…」 「へへ〜さあ!罰ゲームやな!」 「…くそ〜」 「早くそこに寝転び〜や〜」 「ほ…ほんまにやるん…?」 「当たり前やん!うちはこれの為に頑張ったんや〜へへへ〜」 「くそ〜この変態女〜もうすきにせーや!」 「その前にルールの確認すんで〜うちが95点で大地が88点やから7分間掃除機吸引やな!」 「…

続きを読む前にランキングをクリック

楽園訪問

2019/05/29

「じゃあ2人とも、ちゃんと留守番してるのよ」 11月の静かな夜。 星明かりの届かない夜闇としとしとと降り続く秋雨に紛れ、俺はこの家にやってきていた。庭の脇を抜けた先にある正門の方から、傘を叩く雨音に混じって聞こえていた話し声もすぐに止み、エンジン音が遠ざかってゆく。そこから愛らしいターゲットたちが戻ってくる前に、俺は音もなく玄関扉へ身を滑り込ませた??「ね、上でカプモンの続きやろぅ?」「うん、先上がってて。トイレ行ってくる」玄関を入ってすぐのところにある掃除用具置き場の中で身を潜めていると、玄関の開閉音と共に小鳥のような声が響く。それも、すぐ近くで。思わず荒い吐息1つをこぼし、…

続きを読む前にランキングをクリック

元彼の腹癒せに兄と…

2019/05/29

「このチケット慰謝料代わりに貰っておくわねっ!」そう言って浮気していた彼氏に別れを告げたのが今から丁度一年前…その時半ば奪い取る様に貰って来た、某リゾートホテルの宿泊ペアチケット…私は女友達と行ってやろうと思っていたのですが、チケットの注意事項には男女カップルに限る…の文字が…私は直接問い合わせてみましたが、やはり返答は注意事項に書いてある通りでカップルの為に用意した部屋だから女性同士は遠慮して欲しいとの事でした…そうなるとタダ捨てるのでは元彼の懐が痛むだけで私の煮えくりかえった腸は鎮まるどころか余計に沸き立つばかりで、どうしてやろうと思い立ったのが、一緒に行く相手を見つける事でした……

続きを読む前にランキングをクリック

タバコ

2019/05/29

「けほけほっ・・・もうー!このお店煙草臭いわよ!禁煙席ないの?じゃあもう帰りましょうよ。」「え!?だってもうこの店しか空いてないよ?ほら、煙草吸っている席から離してもらうからさ。」「いやよ。あたしが煙草の匂い大嫌いなの知っているでしょっ?ね、帰りましょ。お昼ならコンビニで買って車で食べればいいじゃない。」「そうだな、そろそろ道も混み始めるし、そうしようか。」「ふふっ、ごめんなさいね。あたしの我侭で。」「良いよ、帰りは長いんだ。明日は仕事だし、この子も学校あるしな。早目に帰るに越したことはない。しかし、君の煙草嫌いも筋金入りだね。」「だって、煙草って臭いし、煙たいから嫌なのよ。あなた…

続きを読む前にランキングをクリック

地域の集い

2019/05/28

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」黄色い声援が飛び交う。30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。私達は、3年前に知り合い1年の交際を経て結婚しました。妻は綺麗ですが、どちらかと言うと可愛い感じで、スタイルも良く男性好きなムチッと感がある女性です。某TV局で働いていたそうで、毎日忙…

続きを読む前にランキングをクリック

彼女同意のもとで…続編

2019/05/28

「オレもナオのこと大好きだよ。」「ね〜早くユウスケのおちんちん入れてほしいの。」オレは、ナオが早く欲しいの知っていてわざと焦らす。「まだ、だめだよ。もっと欲しくなって。ナオのおまんこがジンジンしてから。」「え〜そんなぁ…ハァハァ…入れてくれないと……他の人に入れてもらっちゃうよ…いいの?」「嫌だ。オレのナオだもん。絶対に嫌だよ。」「ウソ…ユウスケが、私が他の誰かとHするのを興奮するの知ってるんだから…。」「…そんなことない。…そんなことないよ。」この頃オレのチンポの先からは我慢汁でいっぱい。ナオのクリトリスも会話中ずっと愛撫してるからもうオマンコはビショビショ状態。オレのチンポ…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング