「露出」一覧 (818件)|2ページ

舞子ちゃんと茶巾カイボウ

2019/06/04

松本君が中学一年生の時に行われていたカイボウは、今思えば悲惨なものでした。カイボウとは、服を無理矢理脱がせたり、脱がせたあとに性器を観察する事です。しかし、松本君のクラスでは、単に脱がせるだけではなく、その子にオナニーさせて射精までさせるというひどいものでした。これは松本君が知ってるだけでかなりの人が被害にあっていたそうです。場所は、放課後の教室です。女子が全員帰り、教室に仲の良い男子だけになると、その時始まるのです。普通なら、みんなの前でオナニーなんて絶対断るとお思いでしょう。しかし、松本君のクラスでは、断るとみんなに押さえつけられて、あるやつ(竹内君としておきます)に、しごか…

続きを読む前にランキングをクリック

女子校生直美の露出

2019/06/03

私は16歳のHに興味津々な女子高生です。この前は、温泉で露出してきました。もちろん入るのは混浴です。そこは大きなタオルを体に巻いて入る温泉で、女性でも何とか入れるところなんです。私がいくと、中年の男性が1人と、高校生くらいの男の子が2人いるだけです。中年の人が話しかけてきたので、適当に答えていました。中年の人は平素を装っているけど、じろじろと私の太股や肩をなめまわしています。高校生達も、ちらちらと見ているのがわかります。そのうちタオルが自然にとれてきたふりをよそおって、胸の上の方を見せちゃうと、とたんに中年の人はHな話をしてきました。「直美ちゃん(私の名前です)は、もう経験してるの?」…

続きを読む前にランキングをクリック

計画的犯行

2019/06/02

「最近、妻が他の男に抱かれる姿を考えると興奮するんだよな?」「マジっすか?でも、あの奥さんなら…俺が犯したいっすね」「よく、街中で妻と一緒に買物していると、男達がチラチラ見る時あるんだけど、パンチラ何か見せたくてなぁ」「そうりゃ、あの奥さんならみんな見ますよ」「最近は、ワザとミニスカート履かせたりして、ドキドキ感を楽しんでるんだけど、今一なぁ」「じゃ今度、俺に見せて下さいよ」「お前に!!!、幾ら出す?」「金取るんすかっ!まぁ本気なら出しますよ!」こんなくだらない話しから始まった。私(30歳)は、妻(28歳)と結婚して5年になります。今も子供はいません。私が言うのも何ですが、妻…

続きを読む前にランキングをクリック

露出狂を見たか

2019/05/30

「なあ、お前は露出狂って見たことあるか?」「何だよ、突然?」昼休みの会社の屋上で、同僚の鈴木に聞かれた事がキッカケだった。それまでは、そういう趣味の人がいると知ってはいても私が『露出狂』を特に意識したことはなかった。「実は俺、昨日の夜に偶然見ちゃったんだよ」彼の話によると、会社帰りに自宅近くを歩いていたら自販機の前で停まった車の助手席から全裸の女性が降りて来てコーヒーを買って行くのを見たそうだ。「俺を後ろから追い抜いた車から降りたんだから彼女は俺が歩いていたのに気付いていたハズなんだ。そして、このまま俺がまっすぐ歩いて来れば自分の姿を見られる事も分かった上で、車から降りた…

続きを読む前にランキングをクリック

美姉調教

2019/05/30

「ただいま」「あっお姉ちゃん。ちょうどよかった…今、浩や敏夫たちがきてるんだ。みんな、お姉ちゃんの大ファンだし顔出してやってくんないかなあ…?」「えっええ…」「何だい、お姉ちゃん、今日はずいぶん元気ないじゃない?せっかく、こんないい身体してんだから服で隠してちゃもったいない。もっとみんなに見てもらわなきゃ…」「ああっ雄ちゃん、もう苛めないで…」私、白石由美、高校一年のごくふつうの女の子、ただ一つ、今年小六になる弟の雄太の奴隷であることを除けば………。つい彼氏のいない寂しさから自慰にふけっているところを雄太に見られて以来、私はこの弟の言いなりに裸をさらし、口にも言い出せないような恥ずか…

続きを読む前にランキングをクリック

嘘の縺れ

2019/05/29

「じゃあね」「おぅ」 手を繋いでいた二人は名残惜しそうに手を離すと、喧噪の溢れる駅で別れた。彼等の姿を見れば皆一様に、お似合いの仲の良いカップルに見えるだろう。しかし、二人はお互いに嘘をついていた。それは軽い気持ちだった。相手に対する罪悪感は確かにあったが、これが堅固な愛情の崩壊のはじまりなんて考えもしなかった。 その日、信二は始めて合コンに行くことになった。カラオケのバイト仲間に誘われたからだ。最初信二は合コンに行く気などなかった。仁美という彼女がいることもその一つの理由だが、そもそも唐沢を筆頭とするバイト仲間と以前から反りがあわなかった。唐沢達はいわゆる不良で、高校を中退…

続きを読む前にランキングをクリック

露出女子校生の日記

2019/05/29

「じゃあ、あとは私が鍵かけてやっておくから・・・」「お願いね。あんまり根を詰めちゃだめだよ」「う・うん..」美術部に所属している私は今日も文化祭に展示する絵を仕上げる為に1人居残っての絵描きを始める。もう校内には、完全に人が残っておらず顧問から預かった鍵で玄関を開けて帰るようになってるので外から生徒がくることもない。巡回の先生や用務員も決められた時間でしかこないので、時間さえ知れば何でも出来そうな状況である。だからと言って悪い事をする気もない。ただ少しいけないことをするぐらいなのだ。文化祭に展示する絵を少しだけ描いて別のキャンバスを用意をする。あと全身を映す鏡をキャンバスの前に…

続きを読む前にランキングをクリック

タバコ

2019/05/29

「けほけほっ・・・もうー!このお店煙草臭いわよ!禁煙席ないの?じゃあもう帰りましょうよ。」「え!?だってもうこの店しか空いてないよ?ほら、煙草吸っている席から離してもらうからさ。」「いやよ。あたしが煙草の匂い大嫌いなの知っているでしょっ?ね、帰りましょ。お昼ならコンビニで買って車で食べればいいじゃない。」「そうだな、そろそろ道も混み始めるし、そうしようか。」「ふふっ、ごめんなさいね。あたしの我侭で。」「良いよ、帰りは長いんだ。明日は仕事だし、この子も学校あるしな。早目に帰るに越したことはない。しかし、君の煙草嫌いも筋金入りだね。」「だって、煙草って臭いし、煙たいから嫌なのよ。あなた…

続きを読む前にランキングをクリック

地域の集い

2019/05/28

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」黄色い声援が飛び交う。30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。私達は、3年前に知り合い1年の交際を経て結婚しました。妻は綺麗ですが、どちらかと言うと可愛い感じで、スタイルも良く男性好きなムチッと感がある女性です。某TV局で働いていたそうで、毎日忙…

続きを読む前にランキングをクリック

パチンコ店で働く事になった妻 ?

2019/05/28

「おはようございます」ごみ収集場で、声を掛けてきたのは近所のおじさん(推定65歳)確か、定年を迎え今では年金暮らし…。「奥さん、パチンコ店で働き始めたんですね」「え〜見たんですか?」「私もよく行くんですよ」「そうでしたか?」「今日は、奥さん出勤ですか?」「え〜」「今日はイベントですからねぇ!忙しいでしょうね」「はぁ」「私も早く行かないと…旦那さん!奥さん働いている所見たことあります?」「いいえ」「そうですか?じゃ」男はにやける様に微笑みながら、自宅の方へ向かって行った。家に戻ると、息子が友達の家に出かけると言うので、一人暇を持て余していた。そんな時、おじさんの話が気に…

続きを読む前にランキングをクリック

女子校生ですが・・・男湯入れますか

2019/05/27

「ぅぅ..絶対無理だよぉぉぉ〜」私の名は千野 音衣(ちの ねい)。共学の高校に通っている高3の女性である。今、私は大型スパ(温泉)施設の入口の前にいる。今日が週末の上、キャンペーン中でたったの1000円で入浴できるとあって、すごい人ごみだ。 こんなに大勢の人が入りに来るスパに、私は堂々と男湯に入らなければいけない。1つ言っとくけど、私は別に露出狂や変態なんかじゃないわ。実はクラスの男子たちと賭けをして、私が応援していた高校センバツの野球部が負けたら男湯に入ると言ってしまったからだ。「ぅぅ..延長で負けるなんて..」しかし、いくら賭けだからって本気で私を男湯に行かせるなんて..…

続きを読む前にランキングをクリック

萌奈莉のイケナイ日記

2019/05/27

「う〜ん、今日もいい天気だわぁぁぁ〜」朝から愛犬のりゅー太と一緒に元気にジョギング中。身体を動かすって本当に気持ちいいっ♪この朝の陽射しを堪能しないなんて勿体無いよねぇ〜。「わんわんっ」私の名は綾凪 萌奈莉(あやなぎ もなり)、高校1年生。特に美人というわけでもなく、スタイルも顔も平凡な女の子です。ちょっと元気が有り余ってるとこがあるって、よく言われるかなぁ〜。まあネガティブよりはいいでしょ♪さあ、今日もダッシュダッシュで駆け走るわよぉぉっ!「わんっ♪」 学校に行く前に近所のジョギングコースを愛犬と一緒に走るのが私のいつもの日課。小さい頃から続けてるから、高校生になっても続け…

続きを読む前にランキングをクリック

友達の母 2- 文恵

2019/05/27

「あら、そう?美香に言っとくから」文恵が立ち上がり、玄関で悠斗を見送った。悠斗はズボンのポケットに手を当て、すぐ隣の自宅へ駆け込んだ。息が上がり心臓が跳ね、全身から汗が流れおちた。逃げ込むように部屋のカギを掛け、ズボンのポケットを握りしめた。悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてきた文恵のショーツを引っ張り出した。「、、、、、、」クシャクシャになったショーツをそっと目の前で広げる。7.汚れたショーツ 悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてき…

続きを読む前にランキングをクリック

居酒屋

2019/05/25

なんていい女なんだ・・・腕枕で行為の余韻に浸っている女を見て、つくづくそう思った・・・。女の名は喜美子。私と同い年の40歳。もっとも30代前半と言っても通用しそうな感じである。美人というよりも可愛いといった方が彼女には合っている。私の家の近所の居酒屋のママである。48歳のマスターと夫婦での経営。この店が開店したのは今から約1年前。住宅街のど真ん中にこじんまりとした佇まいであるが、開店前にポスティングしたチラシの効果もあって初日から繁盛していた。私も酒は大好きなので初日に行ってみたが、いかんせん店が小さく、中で飲むことは出来なかった。初めて入ったのは5日目くらいだったと記憶している。初めての店…

続きを読む前にランキングをクリック

チェリーボーイの先輩を妻で解消

2019/05/25

〜チェリーボーイの先輩〜入社5年を迎え、私は人事異動で購買の仕事から資材部へ移った。資材部に入って10日も経つ頃には、すっかり仕事も覚え1人で仕事をこなしてました。仕事も覚え、ちょっと余裕が出て来た時、1人の冴えない先輩社員の存在に気づいたんです。先輩の名前は木下 隆(34歳)私の4つ年上でした。仕事も遅く、いつもミスが目立つダメダメ社員って感じで、周りの人達はあまり相手にしていません。こう言うのも何だが、見た目も冴えずオタクっぽい感じで、女性からも気持ち悪がられていたんです。何となく気になった私は、休憩中に話しかけてみました。話してみると案外普通で、家電や車に非常に興味を示し…

続きを読む前にランキングをクリック

ソープ行ってきた

2019/05/22

店に入ったところからねっとりと行こうか店の外観はボロいホテルみたいだったそのくせ入口はめっちゃ綺麗表通りの方ではなく、横の路地に入口があった中に入るとイカついオッサン二人と若いアンちゃんとスタイリッシュお姉さんがいらっしゃいと出迎えてくれた何時に○○さんで予約取りました○○ですーと言うと、奥の控え室?待機室?に通された内装は暗め 黒い暗幕がところどころに張られていたその暗幕の向こう側は多分事務所だったり、トイレだったり、エレベーターだったり、待機室だったりだ偏見だけど恐いイメージがあったが、オジさんもお兄さんもお姉さんもそこらの客商売よりずっと教育されてる感じだった声色から…

続きを読む前にランキングをクリック

身長の差から男の子の顔が未央のバストに埋もれる状態だ

2019/05/21

高校2年の夏休みに。田舎にある父の実家に遊びに行った。いつもは両親といっしょなのだが、父が小指を骨折して通院しているので、自分だけが行くことになった。JRで1時間。バス停から歩いて20分。林に囲まれた道の途中に人家はない。途中の崖の向こうにJRの列車が見える。首に巻いたタオルが汗を吸ってくれる。『久しぶり、健ちゃん、暑かったでしょ。どうぞ、上がって。』「おじゃましまあす。」そこには従姉妹で同じ学年の未央がいた。その日は伯父も伯母も隣町に出かけていて、家には未央一人だった。未央は白のTシャツにショートパンツ姿のボーイッシュな格好がまぶしく、可愛かった。実は、自分一人だけで…

続きを読む前にランキングをクリック

High school girls

2019/05/20

昨日の話「ちょっぴりエッチなセフレ募集掲示板」の女性の書込みを見ていた所、制服でも会える人!と云う書込みに目が行き、さっそくメールを出した所返事が帰ってきました。大学生ですがコスプレで制服着てると云うようなメールでしたが、どうも○校生くさいので、サポ希望でしたが、取り敢えず会ってみる事に。待ち合わせに現れたのは、どう見ても現役○校生。もしかして中○生?という感じの幼い顔つきですが、体は立派な大人な感じでした。しかも制服姿。さすがに制服で入るのはまずいので用意していたコートを羽織らせてそのままホテルへ直行しました。ホテルに入るなり、制服のまま、後ろからDカップは有る大きなおっぱいを…

続きを読む前にランキングをクリック

セクハラに堕ちた妻

2019/05/20

果帆が27歳になった時勤めていた商社から転職してインポート物を扱うアパレル会社に転職しました。果帆はおしゃれで服が好きということもあり、念願の業界だねってしかも2人の結婚も控えていたので色々お祝いしました。しかしいざ勤め始めると、果帆の事業部は色々大変そうでした。大変な要素は幾つか有って、まず会社的に業績不振という事で仕事が無駄に手広く忙しくもう一つはセクハラ系の悩み事、果帆は店舗勤務では無く、本社採用だったのですが派手で軽い業界というか、その会社独特の空気に、のんびりしているようでしっかり者の果帆がじわじわと毒牙に掛かってしまった時のお話をさせていただきます。ちな…

続きを読む前にランキングをクリック

真昼間の公園

2019/05/20

「人妻密会サークル」 にてプロフィールには「お友達募集」なんて書いてあったけど少しメールで話したら、すぐに下ネタになった。コズエは人妻で、20代後半の熟れきった体をもてあましていた。夫は仕事で忙しく、子供もいないため、ヒマと性欲だけがありあまっているらしい。ちょっとぽっちゃり気味のコズエの体は抱き心地がよく、色白でしっとりとしたもち肌は何度抱いても飽きなかった。コズエの方も、俺がセックスしようとすると、何度でも付き合うくらい貪欲だったので、会う度にお互いにへとへとになるくらいヤりまくった。俺とのセックスが適度な運動になっているのか、若い男とヤってるというのがホルモンだかフェロモン…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング