「欲求不満」一覧 (38件)

友達の家でねーちゃんを…

2022/10/03

あれは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。レイプは友達と二人で友達の家でねーちゃんを犯してしまった。友達と言ってもねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。一緒にレイプした友達は悪友ってやつだ。ねーちゃんの弟とは縁がなくなってもう会ってない。勿論、弟は何も知らないよ。もし知ったらどんな顔するだろうな。もうそのねーちゃんも今では33歳くらいだが...レイプした、ねーちゃんの弟とは高校の時の同級生で、その弟は当時は大学2年になったばかりで19歳の春だった。一方、俺と一緒にレイプした友達は高卒で就職。まあ、今で言う低学歴のDQNって奴だ。糞会社に勤めてたけど、…

続きを読む前にランキングをクリック

今朝起きたら見知らぬ部屋に上機嫌な女

2022/09/05

はじめて記憶なくすまで呑んだらしい・・・今朝起きたら見知らぬ部屋隣にスヤスヤ眠る見知らぬ女物凄い上機嫌に朝御飯作ってもらいシャワーして部屋を出たが何となくだるく今日は仕事休んだ「今夜待ってるから」そう言われたが、あれは誰なんだ・・・・・・美味しい思いしたんだか、気が重いんだかども、こんばんは。先ほど帰宅しました。家族はとっくに就寝したたようです。覚えてる範囲で少し顛末を。呑みに行ったのは、前々から気になってたバーです。仕事場から近く、なおかつ駅にも近かったので興味を持ってた店。10時過ぎに呑み始め、12時くらいに同僚が先に店を出ました。俺は終電が1時過ぎだ…

続きを読む前にランキングをクリック

バイト先のフェラ好き先輩2

2022/08/19

少し前に「フェラ好きの先輩」を書いたものです。今実はネカフェにいてこんなときじゃないと投稿できないため、すみません、懲りずに投稿させていただきます^^;前述べたように、バイト先で特に親しくさせてもらった女先輩が二人。AとB。Aとのことは前回述べたので、今度はB先輩について。B先輩は貧乳で、150cmくらいか。でもスタイルが非常によく、いつもニコニコしている人だった。B先輩と、もう一人別の先輩も交えて、俺の家でやはり飲むことにw(でも飲んだときにはなにもなかった。)遅くなり、とまることに。因みに…俺が住んでいるアパートの隣には、Tという男友達が住んでいて、それはB先輩とも知…

続きを読む前にランキングをクリック

果樹園の人妻

2022/08/13

小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。その彼女は現在の妻です。子供も2人います。実は、妻に中出ししたのが小生の初めてではありません。近くに住む農家の嫁『良子さん』に初中出ししていたのです。しかも、そ…

続きを読む前にランキングをクリック

元彼にまけたくない

2022/07/18

これは俺が大学4年の時の話だ。俺にはつき合って3年の彼女がいた。彼女が高校の時2年間つき合っていた彼氏にふられて落ち込んでいるときに俺は最低だけど付け込んだ。俺とつき合ってからも彼女は元彼を忘れられないようだった。高校のときの話しになると切なさそうな顔をする。正直自分のことを好きになってくれない女とつき合うってのはすげぇ辛かった。別れようか迷った。でも俺は彼女が好きで好きすぎて手放すことができなかった。例え彼女が俺を想ってくれなくても俺が彼女を想っていたかった。完璧に俺のエゴ。3年間つき合って俺と彼女はやっと体を重ねた。何回もしたいと思っ…

続きを読む前にランキングをクリック

マンネリの果てに…。

2022/07/04

僕がM2の時の話を書かせて頂きます。●自分:23歳、某国立大学の大学院2年、2年間付き合ってる彼女(バイト先の社員、20歳)がいるものの、かなりマンネリ状態…。DJ(ハウス)の真似事が趣味。●カナ:21歳、同じ大学の学部4年、168cmの長身スレンダー体型(A?Bカップ)、美脚を強調したいらしくミニスカにポロシャツorTシャツ姿がほとんど、他大学に彼氏がいるものの、同じくマンネリ状態。下ネタ・エッチな話好き僕とカナは、研究室で知り合って以来、数年間に渡って仲が良く、すでにお互いタメ口で研究のこと?プライベートなことまで何でも話している関係でした。そんなある日、「クラブ行ってハウ…

続きを読む前にランキングをクリック

津田さん

2022/06/29

大学4年間バイトした会社を辞める時、もう会うこともないだろうからと、経理の津田さん(39歳)に「ずっと、好きでした。津田さんに会えるからこのバイトやめずに来てたんです。」と正直に告白した。社員休憩室で、津田さんは黙ってしまったが、「ありがとう。うれしいわ」と言ってくれた。「就職祝いでもしないとね」と言ってきたので、「津田さんがいいです」と童貞のくせに言った俺。津田さんはキスをしてくれたが、俺の気持ちは高ぶったままで、なんとかドライブデートの約束を取り付けた。そしてデートの日、3月だったがコートを羽織った津田さんと待ち合わせ。車に乗ったらコートを脱ぎ白のブラウスから大きな胸が…

続きを読む前にランキングをクリック

淫乱妻

2022/06/17

妻はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプなので、独身時代から男関係が派手だった。そもそも妻の初体験の相手は、とてもSEXのうまいS男性であり、妻の淫乱さはその男性に調教された結果のものだった。一方僕はあまりモテるタイプではなく、妻が初体験の相手で一人しか経験はないのだが、男性の調教の趣向性によって、彼女は誘われれば誰とでもSEXするようなヤリマン女となっていたため、妻がSEXした男の数は相当な数になる。また、男性は彼女の性生活を全てコントロールすることに喜びを感じるタイプであり、彼氏とのSEXも例外ではなかった。男性は彼女にピルを服用させ、彼女がいつも生で男を受け入れ、望まれ…

続きを読む前にランキングをクリック

同級生の里美とお風呂 その4

2022/05/14

だが、だんだん俺が指で触る音が粘着性を帯びてきたのと、たまにツボに入ったのか、里美が「あ…」とか「ん…」とか、かわいい声を漏らし出してきたので、俺は何か状況が変わり始めたのを実感し始めていた。とはいえ、具体的には何も思いつかず、ただ漫然とこのままいじるのを続けているしかなかった…が、その時である。再び里美の方からアクションを起こしてきたのだ。里美は俺のチンコをいじくる手を休めると、「…あのさ、今からKがびっくりしちゃうことしていい?」と言った。それはわざと口調を軽くしていたが、実は思い切って言ったという感じだった。「え?なんだって?」次の瞬間、“あれっ、なんだかチンコが生暖…

続きを読む前にランキングをクリック

果樹園の若奥さんと

2022/05/11

いつも楽しく読んでいます。小生「T」の初中出しの事を書きたくなり初投稿します。小生が生まれ育ち、現在も家族で暮らす場所は所謂『山奥の田舎』です。農業を主体とした人口も減り続ける過疎地帯。今から15年ぐらい前、当時、専門学校に小生は通っていました。田舎なので交通の便が悪いので、車で通学していて、週末に付き合ってる彼女に逢うのが楽しみの普通の学生でした。彼女と何回かSEXした事がありましたが、もちろんいつもゴム付で生中出しなど夢のまた夢・・・でもそれなりに楽しかったと思います。その彼女は現在の妻です。子供も2人います。実は、妻に中出ししたのが小生の初めて…

続きを読む前にランキングをクリック

ロシア人人妻研修生2

2022/04/24

エルヴィラさんのご主人がやってくる。一ヶ月以上あっていないご主人だ。そもそも俺とエルヴィラさんがこういう関係になったのは、彼女の欲求不満ではないか。その後の俺との関係(といってもまだ2回だが)が、俺の優しさに彼女の愛情が傾いたのか、ジャパンマネーなのかはともかく、 彼女は俺の部屋でご主人とセックスをするこれは確実だろう。これは見たい。半分、いやそれ以上好きになっている、そう恋をしかかっている女性が他の男にやられるのを見たいのか・といわれれば見たいとしかいいようがない。何故かと聞かれればわからんとしか答えようがない。高校のとき、片思いだった水泳部の同級生が、俺の嫌いなラグビ…

続きを読む前にランキングをクリック

別居中の人妻

2022/03/25

42歳のバツイチですが、最近、先輩の会社の人妻との不倫をイタしてしまったので報告させていただきます。離婚してから肌を合わせた女と言えば、ソープ嬢とテレクラで知り合った援助の女性ばかりでしたが、やはり、お金を払ってイタすのと、そうでないのとでは、淫靡さの度合いが違うなぁと思っていた今日この頃…願ってもないような話が舞い込みました。以前勤めていた会社の先輩で、今は独立して小さな会社を経営している先輩から、久しぶりに電話がかかってきました。「久しぶりだなぁ、お前バツイチになったんだって?」などと言いながら、しばし雑談しているうちに「調度、頼みたいこともあるし、久しぶりに飲みに行かないか」…

続きを読む前にランキングをクリック

妻を知らない男に寝取らせる計画

2022/03/03

僕はホテルの部屋にあるソファに静かに座りながら妻との会話を思いだしていた。「誰か僕以外の男性に抱かれたいと思ったことないかい」「ないと言ったら嘘になるわ、でもそのチャンスがないわ」「もし、僕がそのチャンスを与えてあげたらそうするかい」「ええ、あなたさえいいのだったら、かまわないわ」僕はその話だけで興奮し股間に伝わってくるのがわかった。頭の中で、妻と二人でその週の頭に決めた計画を復習してた。結婚して10年になる妻の志織彼女が、まず、ホテルの階下のバーに行く。そこは、週末の夜、欲求不満の女性が集まる場所として有名だ。つまり、お互い見ず知らずの男女との一夜の情事、それをするのが…

続きを読む前にランキングをクリック

不倫妻・梨恵

2022/01/30

初めて見かけたのは、子供の入学式だっただろうか?彼女は、ベージュのスーツに身を包み、女性の色気を醸し出していた。一目見て”いい女”と分かる容姿!息子の友人母だった彼女の情報は直ぐに分かった。飯田 梨恵(28歳) 夫(34歳営業職) 子供1人(6歳)息子が同じクラスだった事もあり、何かと顔を合わせる。数か月後には、家も分かり行き来する仲になった。旦那は営業と言う仕事柄、夜も遅く出張も多いそうだ。梨恵の事を色々知る度に、俺の心は揺れ動いていた。いつしか、彼女の相談役になりメールや電話をする関係になった。時には夜、彼女の家の近くの公園で会う事もあった。妻には怪しまれない様に気…

続きを読む前にランキングをクリック

エッチな姿を目撃され好きでもない相手の彼女にされた

2022/01/20

今でも忘れられない出来事です。今から3年程前、私は学生で好きな人(タク)がいました。彼は、頭も良くサッカー部主将と言う女性達の憧れの的でした。3年になり偶然にもタクと一緒のクラスになった私は、彼と急接近する事が出来たんです。タクは想像以上に良い男で、凄く優しい所もあり私は益々ゾッコンだったんです。そんな時、タクと話しているとタクに彼女がいない事を知ったんです。告白して付き合えたら・・・って思ったんですが、彼の近くには多くの女性が群がり自信も無い私は、それ以上積極的に行く事が出来ませんでした。ある日、私は彼の筆記用具を持ち出し、ほとんど人の来ない用具室に入ったんです。そこで、…

続きを読む前にランキングをクリック

俺の経験

2022/01/10

俺の経験はわりと正統派の?寝取られ話になるのかな。高3の一学期のはじめ、一つ下の後輩の子と付き合ってた。向こうから俺に告白してきて、エッチも向こうから積極的だったんだが、俺は彼女と付き合う前は童貞で、向こうは経験者だった(しかも初体験は中学の同級生だと)可愛いと美人の中間ぐらいの顔立ちで、その上、おっぱいも結構大きかったんで、俺としては申し分なかった。当然、経験者である彼女に、いろいろリードしてもらったんだが、残念ながら彼女は、男にリードしてもらいたいタイプの女で、俺のことも、まさか未経験者だとは思わなかったらしい(初めてだってバレた時、驚いてた)それで、原因はそれだけじ…

続きを読む前にランキングをクリック

アジアの人妻

2021/12/27

私は数年前にアジアの某国に駐在として勤務しておりました。駐在と言えば格好がよいのですが、実態は工場の管理で毎日遅くまで残業だったり土曜日も仕事でした。そんな実情であり私の楽しみといえば、工場の女性スタッフを見て想像を含ませる事でした。私が勤務していた工場は90%が女性社員でして、下は16歳上は45歳となんとも幅広い年齢の方々が勤めておりました。私は女性に対して少々変わった趣味があるのですが、それは30歳以上であり背が低く且つ童顔の女性が好きなのです。30歳以下の女性には全くと言っていいほど欲情する事もなく、あー綺麗だねっていう感覚のみで、性的対象にまったくなりませんでした。…

続きを読む前にランキングをクリック

親友の彼女に2

2021/12/26

前回、親友である草津の彼女、仮称(大堀)の寝姿で射精した翌朝、草津の別れ際の「意味ありげな笑み」が引っかかっていた2日後、草津からメールが来た。五月一日、17時43分着のメールだ。「今日仕事? 終わったら俺んちで飲まん?」というものだ。奴から飲みの誘いメールが来る事自体はさほど珍しくもないのだが、なぜに「奴の家で?」というなぞが湧き出してきたと同時に嫌な予感みたいなものもあった。「やはり、草津に見られたのかも」という思いに駆られ、誘いを断ろうかと迷っていたが、足は草津の家に向いていた。会社から草津の家までは、電車で2駅。かなり近い。草津の家には19時頃に着いた。道々、草津へ…

続きを読む前にランキングをクリック

パチナン

2021/12/23

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40才overと思われるハデな女が座った。ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも俺は確変中だったので台に集中。しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。数分後、アイスコーヒーが届いたので、「よかったらどうぞ…」と渡すと一瞬笑顔になって、「え、いいの?あ、ありがとう」と言って受取って、「この店ってあんまり回らないのかしら?」とボヤいていたの…

続きを読む前にランキングをクリック

若い人妻の肌

2021/11/04

あれは私が三十六歳、彼女(悦子)は二十四歳だった。そんな過去の記憶が今甦る…彼女は、大学を卒業してすぐに採用され、私と机を並べて仕事をする毎日だった。彼女は既に結婚していた。やや小太りで髪は長く、胸の膨らみ、腰のくびれ、ヒップの柔らかい膨らみなど、均整のとれた二十四歳若い人妻…、その魅力ある豊満な肢体が、私を惹きつけた。3月8日(月) …昼の散歩…二年間一緒に仕事をしていたが、年度末人事異動で彼女の転勤が頭をよぎった。それは彼女との別れを意味するものだった。そんなこともあって、昼休み、悦子と桜の蕾も膨らんだ近くの城趾を散歩する。歩きながら横目に、ちら…

続きを読む前にランキングをクリック

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング