美少女レイプ強姦体験:

2018/02/13

私は中学生2年生の夏に工事現場のブレハブで5人に処女でレイプされました。
夏休みのクラブ練習の帰り、夕立で雨が前も見えないくらい降ってきた時に通りがかった工事現場のヤンキーみたいなお兄さんが「雨宿りしていき」と言ってくれて、そばにはたんぼが延々と広がってるし、家までも数キロあったから、素直に聞いたのが間違いでした。
中に入るとヤンキーみたいな人が全部で5人いました。
私はずぶねれだったのでバスタオルを貸してくれました。
私は中2のわりに発達が早くよく高校生に間違われます。
お兄さん達も私が中2というとびっくりしてました。
はじめは部活の話を聞かれてたんですが、中の一人が「そのデカパイは部活のじゃまじゃねぇ」と言い出して、話がだんだんひわいになってきたからやばいと思い、話をかえようとするんだけど、明らかにみんなの目がぎらぎらしてきました。
中の一人が私の手からバスタオルをとって「風邪引いたらあかんから背中ふいてあげるわ」とニャッと笑いました。
いいですとバスタオルにのばした手を前のお兄さんに捕まれて「おれはおっぱいふいてやるわ」とおおいかぶさり二人がかりでわたしの上着とブラをとられ、バスタオルの男が私を羽交い締めにして、わたしの乳房を前の男がすいはじめました。
「嫌?d助けて」私はありったけの力であばれ、叫びました。
男の一人が「気持ちいいことしてあげるよ」といい、私の顔に自分のペニスを近付けて「中だしがいやならしゃぶれ」と命令しました。
私が首をふり泣いていると、その男がどすの聞いた声で仲間の男に「濡れてなくてもぶちこんで中だししたれ」といい、おっぱいすってた男が自分のぺニスに唾をぬりつけ、「いただきます」て私のショーツをずらして下半身に当ててきました。
「やめて?dお願い」私は気が狂いそうでした。
男は容赦なく穴の位置を確かめ一気に入ってきました。
あまりの激痛に私がありったくけの力で暴れると「処女か?姉ちゃんよかったなぁ。5本も食べれて幸せだな。」男達がいっせいに笑いました。
中に入った男が「きつきつや。ちんぼがくいちぎられそうや」というとペニスを口元にあててる男が「がまんせんと中だししたれ」と私の頬をカンカンになったペニスで叩きながらいいました。
「それだけはかんにんして」私は泣きながら言うと「おれの息子にお願いしろや」と私の口にペニスを押さえつけ、もうしゃぶるしかありませんでした。
「なんだ?おまんこすきなんか?おれも遠慮なしにおっぱい吸うたるわ」見てた二人が片方づつおっぱいをすいはじめ、私の体を5人がかりで犯しました。
羽交い締めの男が「うれしいやろ。気持ちいいやろ。後で後ろの穴はおれにくれよ。」といい、他の男が「おまえはアナル好きやのう」といいました。
私はこれからの恐怖に泣くしかありません。
「でる?i口に出したる」私から抜くと口に入ってた男がぬき、生あたたかいぺニスが口の中に入り、液体を放ちました。
喉にまで威勢よく…あげかける私の口はぺニスでふさがれ、「飲め」と命令されて髪を捕まれ、前後左右に振り回されました。
怖くて飲むしかありませんでした。
「美味しいやろ。特選ミルクや」男たちは笑っています。
次は口にペニスを入れてた男がすぐに入ってきました。
「おいしいまんこやのう」とビストンを激しくはじめ、乳房をすうてた片方が「今度はおれの息子をしやぶれ。かちかちをぶちこんだるで」とわらいました。
もう言われるままです。
「ええわ。あっ?もうもらすわ」男は私から引き抜き口にもってきて、私の口の男と交代して口に入れて「飲め」と髪をつかんで自分の股間にひきよせた。
後二人も同じ用に口に放ち、飲ませた。
最後の男が泣いて伏している私のアナルに口をつけた。
びっくりして振り返ろうとする私を2人がかりで押さえ付けた。
「後ろの穴も開通してもらうんだよ」男たちは口々に口笛をふき、「後からサンドイッチにしていきまくらしたるわ」と笑った。
私は大声で「助けて?」と叫んだら男たちは笑いながら「今おまんこしてます。5人も相手して気持ちいい?」とちゃかしました。
指が入ってアナルを乱暴にかき回し…「痛い。許してください」と泣く私のおしりをバチッと火花がでるくらいのちからで誰かがぶちました。
「ヒィ?」私が叫ぶと「気持ちいいわ。もっとしてくださいと言え。」と命令されました。
泣くだけの私に「もっとぶってほしいんけ」とすごまれ。
「気持ちいいてます。」といわされ、「やっぱりさせこちゃんかぁ?」顔に唾をかけられました。
穴にかたいものが突き刺さりました。
ペニスであることは明らかでした。
「入らないよ。無理だよ」泣く私の下半身をひきよせ、「いただきまぁす」と一気にこじ開けるような感覚でした。
あまりの激痛に私は失神しました。
その後、他の人にもアナルを犯され中だしされました。
恥ずかしい写真をたくさんとられ、その工事が終わる3ヶ月くらいの間、ほぼ土日以外毎日呼び出されまわされました工事が終わり、やっと平穏な日々が来ると安心したのはつかの間でした。
でも私は待ってたのかも…しれない。
3?4日たっと私の体に異変があらわれました。
まわされてる自分を思い出してオナルようになったんです。
そんな日々が続き1ヶ月たった頃、学校の門で5人のうちの2人がたっていました。
びっくりしてる私に笑いかけて「久しぶり、ひろ」と肩に手をかけました。
友達が私の耳もとで「誰?」と聞いてきました。
答えに困ってると男の一人が「ひろのこれ」といって親指をたてました。
なかなかのイケメンだったから、友達は信じたらしく、「いいなぁ」と…その言葉を二人は聞き逃しません。
「君もかわいいよ。一緒に遊びに行こうよ」と友達を誘いました。
私は「駄目」と強く言いました。
だってついていけば、かなもまわされてしまいます。
「嫌だ。私も仲間にいれてよ」とかなはついてきて、男たちの車に乗りました。
私は男たちにバラされることをおそれ、何も言えませんでした。
「どこ行くんですか?」かなは今からおこることも知らずに、はしゃいでいます。
車は山の中の小屋の前でとまりました。
「ここはどこなんですか?」かなは少し不安みたいな顔になりました。
私にはすぐわかります。
この中はセックス部屋です。
私がまわされていた部屋です。
中から3人が出てきました。
かなは私に「ひろ?d私をだましたの」とヒステリックになじりました。
逃げようとするかなを二人は抱えて「お土産つき?」と笑いながら中に運びました。
中に入るとかなは後ろ手にくくられて柱にくくられました。
「嫌だ?d帰して?d嫌だ」と泣き叫んでます。
「いいもんみしてやるよ。かなちゃんは処女かな?処女にはきついかなぁ」男たちは笑っています。
部屋の中にはバイブや縄の責め具が散乱しています。
「ひろ?dかなちゃんの前でいつものするぞ?bかなちゃんのお手本なんやからしっかりくわえろよ」私は観念して一人のすぼんをおろし、口で奉仕しました。
男はすぐカンカンになり、「今日は久々に後ろの穴を食べさせろよ」と私を四つんばいにして後ろから入れました。
「うっ」私は感じてました。
もう一人に口で奉仕しながらピストン運動されて、いきそうになりました。
「ひろ?b気持ちいいんか?このどすけべが」口からペニスを抜き、わたしの下に入りこみ、下から私の前の穴に入りました。
「うっうっ」私は明らかに喜びの声をあげました。
「このどすけべが」と後ろを責めめている男にお尻をぶたれました。
上から髪をわしずかみにされ、顔をあげさせられ、違うペニスを口にくわえさせられました。
私はがまんできず、激しくいきました。
口のペニス以外は私と同時に果てました。
かなは声もだせなかったみたいです。
「だらしない先輩だなぁ。ほらくわえろ」私はよっんばいにされて、口の中にあったものを後ろの穴に入れりれ、かなの横にいた一人のペニスを口にくわえ、腰をふってました。
かなの横の男が「かなちゃんも気持ち良くしてあげるからね」と嫌がるかなにキスをしています。
口の男も私の下に入り、私は乳首を吸われサンドイッチにされ、「ひぃいい?」と叫びいきました。
ほどなく、私の穴に液体が放出されました。
私は後ろ手に縛られ、柱にくくりつけられ、柱から離されたかなが3人に乳首やまんこをなめられてました。
「いやだ?iやめて」すごい声で叫んでました。
私はそれをみながら感じてました。

アナタも秘密の体験相手を探そう!
厳選おすすめ出会い4サイト

ハッピーメール

PCMAX

ミントC Jメール

メルパラ

  • こういういかにもエッチなこと大好きですって感じの目つきの女の子ww

  • わいせつ過ぎて話題になったパンが昔あったよなww

  • このかわいいフィリピン美女

  • ドラクエ11のお色気キャラ、テリワンSPでゾーマの決め台詞をパクるww

人気の投稿

人気のタグ

リンク集

RSS

アクセスランキング